財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y92005
タイトル
電中研マクロ経済モデル1991
[Title]
THE CRIEPI MACROECONOMETRIC MODEL 1991
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
最近の経済情勢の変化やデータ改訂を背景に,従来の小型モデルを分配ブロックを中心に大幅に改良して,中型の「マクロ経済モデル1991」を構築した。今回の改良によってモデルの機能は大幅に拡充された。本モデルは予測精度も良好であり,経済・電力需要の短期予測に活用されている。モデルによる主要なシミュレーション分析の結果は次の通りである。a.公共投資の実質1兆円の増加は,実質GNPを0.32〜0.33%(1〜2年目の変化率:以下同じ),電力需要を0.24〜0.37%押し上げる。財政乗数は従来と比べて2〜3割程度小さくなっている。b.公定歩合1%の引き下げは,実質GNPを0.28〜0.93%押し上げる。一方で,内外金利差の拡大による円安効果から物価上昇をもたらし,経常収支黒字を1億〜32億ドル増加させる。c.日経平均株価の1.000円の下落は,消費に対する逆資産効果を中心に実質GNPを0
[Abstract]
THIS REPORT PRESENTS THE LATEST VERSION OF THE CRIEPI QUARTERLY ECONOMETRIC MODEL OF THE JAPANESE ECONOMY(MODEL 1991). OUR MODEL HAS BEEN REVISED AND EXPANDED TO REFLECT CHANGES IN THE ECONOMY AND IMPROVEMENTS IN THE FORECASTING ABILITY OF THE MODEL. (1)BACKGROUND AND MAJOR REVISION POINTS. FIRST,CHANGES IN THE ECONOMY-(1)YEN APPRECIATION AFTER THE PLAZA ACCORD,(2)TAX REFORM(INTRODUCTION OF CONSUMPTION TAX),(3)GREAT FLUCTUATIONS IN ASSET PRICES IN THE LATE 80S,HAVE BEEN INTRODUCED. SECOND,THE BASE YEAR HAS BEEN CHANGED FROM 1980 TO 1985 OF JAPAN S SNA DATA IN 1991. ONE MAJOR IMPROVEMENT IS THE DISAGGREGATION OF DISTRIBUTION AND INSTITUTIONAL BLOCKS. EMPLOYEE,COMPENSATION HOUSEHOLD DISPOSABLE INCOME,PROPERTY INCOME,ENTREPRENEURIAL INCOME AND SEVERAL KINDS OF TAXES HAVE BEEN ALSO ENDOGENIZED. THE REVISED MEDIUM-SIZEQUARTERLY MODEL HAS ABOUT 150 EQUATIONS,THREE TIMES MORE THAN THE PREVIOUS VERSION PUBLISHED IN 1980. THE REVISIONS HAVE IMPROVED THE ABILITYTO ANALYZE ADDITIONAL FACTORS SUCH AS TAX CUTS AND WEALTH EFFECTS. (2)SIMULATION EXPERIMENTS (1)A 1 TRILLION(YEN 1985 VALUE INCREASE IN GOVERNMENT FIXED INVESTMENT RAISES REAL GNP BY 0.32% IN THE FIRST YEAR AND BY 0.33% IN THE SECOND. THE IMPACT MULTIPLIER IS 1.04 AND PEAKS IN THE 11TH QUARTER AT 1.27. THE GNP MULTIPLIERS ARE 20%-30% SMALLER THAN THOSEIN THE PREVIOUS MODEL MAINLY DUE TO A SUBSTANTIAL RISE IN INCOME ELASTICITY OF IMPORT DEMAND. (2)WITH A 1% CUT IN THE OFFICIAL DISCOUNT RATE,REAL GNP INCREASES BY 0.28% IN THE FIRST YEAR AND BY 0.93% IN THE SECOND. THE IMPACT OF THIS POLICY CHANGE IS SLOWER THAN IN CASE(1)DUE TO A LAG OF 6 MONTHS TO 1 YEAR. (3)WITH A 1000 YEN DECLINE IN THE NIKKEI STOCK AVERAGE,REAL GNP FALLS BY 0.06% IN THE FIRST YEAR AND BY 0.10% IN THESECOND MAINLY DUE TO WEALTH EFFECTS.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
1992
発行年月 [Issued Year / Month]
1992/12
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

服部 恒明

経済研究所経済部経営研究室

門多 治

経済研究所経済部経営研究室

小島 清美

経済研究所経済部経営研究室

キーワード [Keywords]
和文 英文
計量経済モデル ECONOMETRIC MODEL
マクロ経済モデル MACROECONOMIC MODEL
経済予測 ECONOMIC FORECAST
電力需要 ELECTRICITY DEMAND
シミュレーション分析 SIMULATION ANALYSIS
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.