財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y92009
タイトル
火力発電プラントの環境対策コスト分析
[Title]
TECHNOLOGIES FOR FOSSIL-FUEL POWER PLANTS
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
地球規模の環境問題の高まりの中で、火力発電プラントから排出される環境汚染物質に対する対策が求められている。石炭およびLNG火力発電プラントにおけるSOx,NOx,CO2対策技術の経済性を分析し、以下のような結果を得た。(1)現在、我が国のほとんど全ての火力発電プラントで脱硫・脱硝が施されており、発電コストに占めるそれにかかる費用の割合は石炭火力で25%近く、LNG火力では4%程度である。(2)脱炭を施した場合、発電コストは石炭火力で現状の約2倍、LNG火力では約1.5倍となる。脱炭では、発電効率の低下が発電コスト上昇の大きな要因となっていること、そして、CO2の液化過程で多大なコストが生じることが明らかとなった。(3)脱炭にかかる費用は、脱硫・脱硝と比べると、単位重量当たりでは少なくて済む。しかし、CO2の処理量はSOx,NOxと比べると莫大であるため、年間の脱炭費用は、石炭(
[Abstract]
THE ENVIRONMENTAL IMPACTS OF ACID RAIN AND GREENHOUSE GASES ARE A SIGNIFICANT ISSUE IN DECISION MAKING ON ENERGY PLANNING BY ELECTRIC UTILITIES. THIS STUDY ASSESSES THE IMPACTS OF SOX, NOX, CO2 EMISSION CONTROL TECHNOLOGIES ON THE ECONOMICS OF FOSSIL-FUEL POWER PLANTS. THE SOX, NOX,AND CO2 EMISSION CONTROL TECHNOLOGIES CONSIDERED IN THIS STUDY ARE FLUE GAS DESULPHURISATION (FGD), SELECTIVE CATALYTIC REDUCTION (SCR),AND SIX CO2 RECOVERY TECHNOLOGIES UNDER DEVELOPMENT. CO2 GAS IS COMPRESSED AND LIQUEFIED AFTER SEPARATION FROM THE SRACK GAS. THE LIQUEFIED CO2 IS TRANSPORTED TO AN OCEAN DISPOSAL SITE 3000 KM FROM THE POWER PLANT BY TANKER AND DUMPED AT THE OCEAN BOTTOM AT A DEPTH OF 3000 M. THE GENERATING COST OF A 1000-MW COAL-FIRED POWER PLANT WITH FGD AND SCR IS 10.7 YEN/KWH, ABOUT 1.3 TIMES MORE THAN WITHOUT ANY EMISSION CONTROL EQUIPMENT. THE CO2 RECOVERY-DISPOSAL SYSTEM GREATLY INCREASES A GENERATING COST TO ABOUT TWICE THAT OF A POWER PLANT WITH FGD AND SCR BECAUSE OF THE HIGH COSTS OF CO2 RECOVERY AND LIQUEFACTION. THEENVIRONMENTAL UNIT COSTS ARE 56*10**4 YEN/T-S, 134*10**4 YEN/T-N AND 3.6-6.9*10**4 YEN/T-C FOR SOX, NOX AND CO2 EMISSION CONTROLS, RESPECTIVELY. HOWEVER, THE ANNUAL REVENUE REQUIREMENT COST OF CO2 EMISSION CONTROL IS APPROXIMATELY 7 TIMES HIGHER THAN THOSE OF SOX AND NOX, BECAUSE A HUGE QUANTITY OF CO2 GAS IS GENERATED BY A COAL-FIRED POWER PLANT; THE AMANT OF CO2 IS APPROXIMATELY 70 TIMES AS MUCH AS SOX AND 250 TIMES AS MUCH AS NOX BY WEIGHT.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
1992
発行年月 [Issued Year / Month]
1993/08
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

本藤 祐樹

経済研究所経済部エネルギー研究室

内山 洋司

経済研究所経済部エネルギー研究室

キーワード [Keywords]
和文 英文
環境対策技術 EMISSION CONTROL
CO2分離回収技術 CO2 REMOVAL TECHNOLOGY
コスト分析 ECONOMIC ANALYSIS
火力発電プラント FOSSIL-FUEL POWER PLANT
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.