財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y92011
タイトル
金融・資産価格の動向とバブルの影響分析
[Title]
ANALYSIS OF THE BUBBLE EFFECT AND FINANCIAL TRENDS IN THE JAPANESE ECONOMY
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
現在、日本経済はバブル崩壊(資産価格暴露)の影響が加わった深刻な複合型の不況に苦しんでいる。今後の経済・電力需要動向を的確に把握するため、80年代後半からのバブルの形成と崩壊を巡る金融経済と実態経済の動向を分析するとともに、バブルの影響分析を行った。主要な分析結果は次の通りである。a.バブルの形成と崩壊に大きな影響を及ぼした要因は、金融政策、金融機関・企業等の投機的行動などである。バブル期以降の株価は、経常利益や金利といったファンダメンタルズ要因のほかに、マーシャルのkで表されたマネーサプライ要因(流動性要因)に大きく左右されている。b.バブルは景気変動を大幅に増幅させた。資産効果の計測によれば、バブルの形成は87−89年度の経済成長率、電力需要の伸びを共に年平均0.8%程度押し上げたが、逆に、バブルの崩壊は91−93年度(含予測期間)の経済成長率、電力需要の伸びを年平均0.
[Abstract]
THE JAPANESE ECONOMY IS NOW SUFFERING FROM ASERIOUS RECESSION, THE FIRST SINCE THE 74 OIL CRISIS, COMBINED WITH THE BURSTING OF ITS BUBBLE ECONOMY AND THE STOCK MARKET. TO ACCURATELY FORECAST THE JAPANESE ECONOMY AND THE ELECTRICITY DEMAND, WE ANALYZED TRENDS IN JAPAN STARTING FROM THE LATE 80S,IN BOTH THE FINANCIAL AND REALECONOMIES THAT RELATED TO THE FORMATION AND COLLAPSE OF THE BUBBLE (ASSET INFLATION AND DEFLATION) AND THE IMPACT OF THE BUBBLE ON THE JAPANESE ECONOMY. OUR ANALYSIS SUGGESTS THE FOLLOWING: A.THE MONETARY POLICIES AND SPECULATIVE ACTIVITIES OF FINANCIAL INSTITUTIONS AND FIRMS HADA GREAT INFLUENCE ON THE FORMATION AND COLLAPSE OF THE BUBBLE. B.AS FOR FACTORS AFFECTING STOCK PRICES, THE INFLUENCE OF MARSHALLIAN K(MONEY SUPPLY/NOMINAL AGGREGATE DEMAND) WAS LARGE, AS WAS BUSINESS INCOME, INTEREST RATES, AND THE EXCHANGE RATE. ACCORDING TO OUR ANALYSIS, A 10% CHANGE IN MARSHALLIAN K WAS RESPONSIBLE FOR ABOUT A 40% CHANGE IN THE NIKKEI STOCK AVERAGE. C.THE BUBBLE ECONOMY OF THE LATE 80S HAS AMPLIFIED BUSINESS FLUCTUATIONS. DURING THE THREE FISCAL YEARS OF 1987 TO 1989, THE FORMATION OF THE BUBBLE DROVE THE ECONOMIC GROWTH RATE BY AN ANNUAL AVERAGE OF 0.8% AND ELECTRICITY DEMAND BY 0.8%, BUT IN THE THREE YEARS BETWEEN 1991 AND 1993(INCLUDING THE FORECAST PERIOD), THE COLLAPSE OF THE BUBBLE DEPRESSED THE ECONOMIC GROWTH RATE BY AN ANNUAL AVERAGE OF 0.9% AND ELECTRICITY DEMAND BY 0.8%.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
1992
発行年月 [Issued Year / Month]
1993/03
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

服部 恒明

経済研究所経済部経営研究室

門多 治

経済研究所経済部経営研究室

小島 清美

経済研究所経済部経営研究室

後藤 美香

経済研究所経済部経営研究室

若林 雅代

経済研究所経済部経営研究室

黒住 英司

経済研究所経済部経営研究室

キーワード [Keywords]
和文 英文
バブル BUBBLE
資産インフレ ASSET INFLATION
資産効果 ASSET EFFECT
マネーサプライ MONEY SUPPLY
経済対策 ECONOMIC POLICY MEASURES
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.