財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y92013
タイトル
グローバルCO2排出権市場のシミュレーション解析−植林によるCO2吸収オプションの導入−
[Title]
SIMULATION OF GLOBAL CO2 EMISSION PERMIT TRADE WITH AFFORESTATION OPTION
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
本研究では、地域毎の課徴金制度と国際的な排出権市場に加え、植林によるCO2吸収オプションを組み合わせたグローバルCO2抑制方策のシミュレーション解析を行った。モデルシミュレーションを行い、以下の結論を得た。(1)植林を導入することで世界的に大幅なCO2吸収・固定が可能であり、各地域の課徴金レベルと国際的な排出権市場の需給均衡価格の高騰が抑制されること等が示された。(2)2025年までの長期シミュレーションにより、植林の導入が、長期的に排出権市場を持続させ、CO2削減に伴う世界的な経済損失を緩和させることが可能であることも示された。(3)排出権価格の低減は、排出権輸出地域となる発展途上国にとっては排出権売却収入の低下につながり、新たな地域間の利害対立を生じさせるおそれがあり、森林増加によるCO2削減以外のメリットに着目する必要があることが明らかとなった。
[Abstract]
THIS REPORT PROPOSES A GLOBAL CO2 EMISSION CONTROL SCHEME WITH A COMBINATION OF TRADEABLE CO2 EMISSION PERMITS AND REGIONAL MEASURES WHICH CONSIST OF REGIONAL CO2 TAXATION AND REGIONAL CO2 ABSORPTION BY AFFORESTATION. THE EDMONDS-REILLY MODEL IS USED FOR SIMULATION WITH SOME MODIFICATIONS SUCH AS INTRODUCTION OF AN INTERNATIONAL MARKET FOR CO2 EMISSION PERMITS, REGIONAL CO2 TAXATION AND REGIONAL AFFORESTATION. THE EFFECTIVENESS OF THE PROPOSED GLOBAL CO2 EMISSION CONTROL SCHEME IS ILLUSTRATED THROUGH SIMULATION AND THE FOLLOWING FINDINGS WERE OBTAINED: (1)EQUILIBRIUM POINTS EXIST IN THE INTERNATIONAL MARKET FOR CO2 EMISSION PERMITS FOR MOST OF THE CASES EXAMINED IN THIS STUDY; (2)THE INTERNATIONAL PERMIT MARKET TRANSFERS SIGNIFICANT AMOUNTS OF MONEY FROM DEVELOPED REGIONS TO DEVELOPING REGIONS; (3) THE LEVEL OF REGIONAL CO2 TAX RATES AND ASSOCIATD GNP LOSSES ARE REDUCED BY THE INTRODUCTION OF THE INTERNATIONAL PERMIT TRADE; (4) INTRODUCTION OF THE CO2ABSORPTION OPTION (AFFORESTATION) REDUCES THE LEVELS OF REGIONAL CO2 TAX RATES AND ASSOCIATED GNP LOSSES EVEN MORE BY INCREASING THE MARKET PERMIT SUPPLY, BUT THE EQUILIBRIUM PERMIT PRICE IS ALSO LOWERED SO THE TOTAL AMOUNT OF MONEY TRANSFERRED TO DEVELOPING REGIONS IS REDUCED.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
1992
発行年月 [Issued Year / Month]
1993/04
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

岡田 健司

経済研究所経済部エネルギー研究室

山本 博巳

経済研究所経済部エネルギー研究室

長野 浩司

経済研究所経済部エネルギー研究室

キーワード [Keywords]
和文 英文
地球温暖化 GREENHOUSE EFFECT
CO2排出権市場 CO2 EMISSION PERMIT TRADE
課徴金 CO2 TAX
植林 AFFORESTATION
グローバルモデル GLOBAL MODEL
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.