財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y92015
タイトル
職住の最適割当による通勤時間の削減効果−東京大都市圏での実証分析−
[Title]
TOWARDS REDUCTION OF COMMUTING TIME: AN EMPIRICAL ANALYSIS OF THE TOKYO METROPOLITAN AREA
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
東京大都市圏を対象に長時間混雑通勤の実態を明らかにし,職場あるいは住宅を入れ替えることにより削減可能な通勤時間を求めるモデルを提案した。また,業務核都市への機能分散が通勤時間の変化に与える影響を分析し,以下のような結果を得た。(1)1985年での211の市区町村からなる東京大都市圏での平均通勤時間は約50分,30分以下の通勤者は全体13%に過ぎず,1時間以上の通勤者は27%にも上る。(2)現状の都市構造のもとで,職場あるいは住宅を交換することで削減できる通勤時間を測定するため,最適職住割当問題のモデル開発を行った。東京大都市圏へ適用した結果,削減可能な通勤時間は平均7分,現状の平均通勤時間の15%に相当することを示した。(3)副都心や業務核都市への業務分散により都市構造を変化させたときの勤務地を移転した者の通勤時間は,住み替えが行われない場合(短期的影響)は副都心移転で3分,業務核
[Abstract]
WE EXAMINE TOKYO S COMMUTING PATTERNS TO DETERMINE HOW MUCH COMMUTING IS THE RESULT OF INEFFICIENT MATCHING OF RESIDENCES AND JOBS. OUR ANALYSIS BUILDS ON PREVIOUS LITERATURE ON WASTEFUL COMMUTING WHICH HAS BEEN DEFINED AS THE AMOUNT THAT COMMUTING COULD BE REDUCED GIVEN THE EXISTING PLACEMENT OF HOUSES AND JOBS BY RELOCATING WORKERS. DATA FROM THE 1985 JAPAN POPULATION CENSUS ALLOWS US TO MEASURE COMMUTING BETWEEN 211 ORIGIN AND DESTINATION POINTS IN THE TOKYO METROPOLITAN AREA (TMA) WHICH IS WITHIN ABOUT 60 KM FROM CBD. ALSO,WE COMBINE DATA FROM A NUMBER OF SOURCES TO ESTIMATE THE TIME REQUIRED TO TRAVEL EACH ROUTE. THE MAJOR RESULTS ARE SUMMARIZED AS FOLLOWS: (1)AVERAGEONE-WAY COMMUTING TIME WAS ABOUT 50 MINUTES IN THE TMA AS OF 1985. ALSO THE PERCENTAGE OF COMMUTERS WHOSE COMMUTING TIME IS WITHIN 30 MINUTESWAS ONLY 13%, AND THOSE WHOSE COMMUTING TIME IS MORE THAN ONE HOUR WAS27%. (2)BY RELOCATING WORKERS GIVEN THE EXISTING PLACEMENT OF HOUSES AND JOBS,COMMUTING TIME IS FOUND TO BE REDUCED BY 7 MINUTES (15% OF AVERAGE COMMUTING TIME). THE PERCENTAGE OF COMMUTERS WHOSE COMMUTING TIME IS WITHIN 30 MINUTES INCREASES TO 20% AND THOSE WHOSE COMMUTING TIME IS MORE THAN ONE HOUR DECREASE TO 16% AFTER THE RELOCATION. (3)TWO SIMULATION WERE CONDUCTED TO EXAMINE THE EFFECT OF DECENTRALIZATION OF EMPLOYMENT ON COMMUTING BEHAVIOR. MOVING 10% OF JOBS FROM CBD TO SUB-CBD RESULTS IN A 3-MINUTE INCREASE IN COMMUTING TIME,AND MOVING 10% OF JOBS TO THREE OUTLYING CITIES RESULTS IN A 36-MINUTE INCREASE IN THE SHORT-RUN ADJUSTMENT. HOWEVER,IF WE ASSUME THAT THOSE WHO CHANGE JOB WOULD RELOCATE,THE REDUCED COMMUTING TIME WOULD BE 6 MINUTES AND 17 MINUTES,RESPECTIVELY.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
1992
発行年月 [Issued Year / Month]
1993/05
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

大河原 透

経済研究所経済部社会環境研究室

鈴木 勉

経済研究所経済部社会環境研究室

キーワード [Keywords]
和文 英文
都市構造 URBAN STRUCTURE
通勤時間 COMMUTING TIME
職住近接 JOB-RESIDENCE ADJACENCY
業務核都市 BUSINESS CORE CITIES
東京大都市圏 TOKYO METROPOLITAN AREA
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.