財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y93002
タイトル
旅客交通におけるモーダルシフトによるエネルギー削減効果の分析
[Title]
ENERGY CONSERVATOIN IN TRANSPORTATION BY MODAL CHANGE
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
近年の運輸部門におけるエネルギー消費は著しい伸びを見せており、その6割を旅客輸送に要するエネルギーが占めている。このエネルギー消費の大部分は自動車によるものであり、これを鉄道等の公共交通機関への転換をはかるモーダルシフト方策が省エネの推進面から有力視されている。本報告では、モーダルシフト方策をはじめとして、電気自動車の普及や自動車交通の直接規制などにも対応した旅客交通のエネルギー削減量算定モデルを開発した。またこのモデルを用いて東京都市圏を対象にケーススタディを行い、都市圏全体でのエネルギー削減量を推定するとともに、施策毎に効果の高い地域の選定を試みた。主な成果は以下のとおりである。(1)東京都市圏全体における旅客輸送におけるエネルギー消費量は164.5Tcal/日であり、自動車がこのうち72%を占める。モーダルシフト方策(自動車トリップのうち転換後時間短縮されるものを鉄道へ転換)
[Abstract]
ENERGY CONSUMPTION IN THE TRANSPORTATION SECTOR, WHICH CONSISTS OF PASSENGER TRANSPORT AND FREIGHT TRANSPORT, HAS INCREASED RECENTLY IN JAPAN. IN PARTICULAR, THE INCREASE OF PASSENGER TRANSPORT IS MUCH LARGER THAN THAT OF FREIGHT. THIS RESULTS FROM WIDE SPREAD MOTORIZATION AFTER THE ECONOMIC GROWTH ERA. AUTOMOBILES CONSUME MUCH MORE FUEL PER PERSON PER KILOMETER THAN RAILWAYS. THEREFORE, A MODAL SHIFT POLICY WHICH LEADS PASSENGERS TO PUBLIC TRANSPORTATION IS ONE APPROACH TO CONSERVING. THIS STUDY DEVELOPS MODEL FOR ESTIMATING ENERGY REQUIREMENTS IN TRANSPORTATION BASED ON TRIP DATA WITHIN AND BETWEEN ZONES BOTH BY MODE AND BY OBJECTIVE, AND DISTANCE DATA BETWEEN ZONES. AN ESTIMATE IS MADE OF HOW MUCH ENERGY COULD BE ELIMINATED IF WE COULD SHIFTTRANSPORTATION MODES. MOEROVER, AN ELECTRIC-VEHICLE DIFFUSION POLICY AND A POLICY OF DIRECTLY REGULATING VEHICLE TRIPS SUCH AS A VEHICLE-RESTRICTED ZONE ARE ALSO EXAMINED. BY APPLYING THE MODEL TO THE TOKYO METROPOLITAN AREA USING THE 1988 TOKYO PERSON TRIP CENSUS, IT IS FOUND THAT 9.1-11.6 MCAL OF ENERTY COULD BE ELIMINATED PER SHIFTED TRIP BY USING SEVERAL MODAL SHIFT APPROACHE. ELECTRIC-VEHICLE DIFFUSION POLICIES COULDSUBSTITUTE QUITE A LARGE PART OF ALL VEHICLE TRIPS ASSUMING A 25/50 KMONE-WAY DRIVING DISTANCE LIMITATION. THIS COULD ELIMINATE 15%-19% OF TOTAL ENERGY REQUIREMENTS. A MODAL SHIFT POLICY WOULD BE MOST EFFECTIVE IN THE AREA ALONG THE TAKASAKI RAIL LINE AND TOKAIDO RAIL LINE. CONVERSION TO ELECTRIC VEHICLES WOULD BE EFFECTIVE FOR TRIPS ORIGINATING FROM HOMES IN TOKYO S WESTERN WARDS AND CITIES, YOKOHAMA, AND KAWAGOE. CONVERSION MIGHT BE EFFECTIVE FOR BUSINESS-PURPOSE TRIPS IN TOKYO S SOUTHERNWARDS AND PARTS OF CHIBA AND YOKOHAMA.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
1993
発行年月 [Issued Year / Month]
1993/06
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

田頭 直人

経済研究所経済部社会環境研究室

鈴木 勉

経済研究所経済部社会環境研究室

キーワード [Keywords]
和文 英文
都市交通 URBAN TRANSPORTATION
交通手段 MODES OF TRANSPORTATION
東京都市圏 TOKYO METROPOLITAN AREA
モーダルシフト MODAL SHIFT
エネルギー ENERGY
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.