財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y93003
タイトル
線形計画モデルによるCO2排出権市場の検討
[Title]
SIMULATION OF TRADOBLE CO2 EMISSION PERMITS WITH LINEAR PROGRAMMING MODEL
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
社会的厚生損失の最小化という最適性に基づいて、グローバルなCO2排出制約の地域別配分を行うCO2排出権市場モデルを開発した。また、排出権の取引手数料を考慮し、市場維持コストを含めた場合の排出権市場の経済的成立性を検討した。モデルでは世界を5地域に分割し、2000年を解析対象にした。排出検討の初期配分は人口比例で行った。主な結果は以下の通り。(1)排出総量制約を厳しくすると排出権価格は急上昇する。取引手数料を考慮しない場合、総量制約が50億トン(炭素重量以下同じ)から40億トンになると排出権価格は約4倍、30億トンになれば約9倍に高騰する。(CO2制約を課さない場合の排出総量は約71億トン)。(2)排出総量制約を厳しくすると省エネルギーコスト(省エネによる効用損失)が増大し、制約が30億トンの場合にはエネルギー供給コストを上回る。(3)1トン当たり50ドル(USドル、1975年)程度の
[Abstract]
THIS PAPER PRESENTS A SIMULATION OF THE OPTIMAL ALLOCATION OF TRADEABLE CO2 EMISSION PERMITS TO REGIONS OF THE WORLD. SOCIAL WELFARE LOSS IS MINIMIZED UNDER A CONSTRAINT OF TOTAL CO2 EMISSION. LINEAR PROGRAMMING IS USED FOR MODELING. THE SHADOW PRICES OF ALLOCATED PERMITS IMPLICITLY REPRESENT THE EQUILIBRIUM PRICE OF EMISSION PERMITS. THE EFFECTS OF TRANSACTION COSTS ASSOCIATED WITH THE TRADE OF EMISSION PERMITS ARE ALSO ANALYZED. BY SIMULATING A FIVE-REGION MODEL OF WORLD CO2 EMISSION IN THE YEAR 2000, THE FOLLOWING FINDINGS ARE IDENTIFIED: (1)THE PRICE OF TRADEABLE PERMITS INCREASES SHARPLY AS THE TOTALAMOUNT OF WORLD CO2 EMISSION CONSTRAINTS DECREASES; (2)UTILITY LOSSES CAUSED BY ENERGY SAVINGS ARE A DOMINANT COST WHEN A MORE STRINGENT CO2 EMISSION CONSTRAINT IS IMPOSED; (3)WHEN CO2 EMISSION PERMITS AREINITIALLY ALLOCATED IN PROPORTION TO THE POPULATIONS OF THE REGIONS, SIGNIFICANT NUMBERS OF PERMITS ARE TRADED FROM DEVELOPING REGIONS TO DEVELOPED REGIONS; (4)THE AMOUNT OF TRADED PERMITS DECREASES ALONG WITH THE INCREASE IN TRANSACTION COSTS;(5)EVEN WHEN A HIGH TRANSACTION COST IS ASSUMED, THE TOTAL COST OF WORLD CO2 CONTROL IS SIGNIFICANTLY REDUCED BY INTRODUCING A SYSTEM OF TRADABLE EMISSION PERMITS. THE FINDINGS CLEARLY SHOWTHE THEORETIAL MERITS OF TRADEABLE PERMITS, OR INTERNATIONAL JOINT ACTION IN GENERAL, IN THE GLOBAL EFFORT TO REDUCE CO2 EMISSION. THE CONCLUSION SUGGESTS THE IMPORTANCE OF PRACTICAL DEVELOPMENT OF THE JOINT IMPLEMENTATION MENTIONED IN THE FRAME-WORK CONVENTIONON CLIMATE CHANGE.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
1993
発行年月 [Issued Year / Month]
1993/08
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

山地 憲治

経済社会研究所エネルギーシステムグループ

岡田 健司

経済社会研究所社会システムグループ

山本 博巳

経済社会研究所エネルギーシステムグループ

キーワード [Keywords]
和文 英文
地球温暖化 GLOBAL WARMING
CO2排出権市場 TRADABLE CO2 PERMITS
線形計画法 LINEAR PROGRAMMING
取引手数料 TRANSACTION COST
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.