財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y93010
タイトル
中堅ビジネスマンの満足度の現状と要因分析−従業員アンケート調査にもとづく組織活性化方策−
[Title]
PRESENT STATE AND FACTORICAL ANALYSIS OF EMPLOYEE SATISFACTION -NEW DEVELOPMENT OF ORGANIZATIONAL ACTIVATION-
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
本研究では,中堅ビジネスマンへのアンケート調査を実施し,従業員満足度の現状や課題を確認する。次に,この満足度に影響をあたえる要因を,主として経営活動との関連から分析し,組織活性化にむけた従業員施策の具体的な方向性を検討する。その結果,以下の結論を得た。現在の中堅ビジネスマンは,生活や仕事,職場全体にどちらかといえば満足しているが,会社全体にはやや不満な状態にある。企業には,「賃金・給与」や「休暇・労働時間」「作業環境」「業績」「業績評価の方法」「経営戦略」「人事・雇用制度」「福利厚生制度・施設」などにいっそう積極的なとりくみが期待されている。組織のなかの個人や企業の行動は,自分の利益をまず考える「経済性」と,自分以外を気づかう「社会性」の二要因から説明できる。これより,行動要因と満足度で密接な関係をあきらかにした。また,個人の満足度を基準とし,各行動要因ごとに従業員施策の具体的な
[Abstract]
AS THE 21ST CENTURY DRAWS NEAR,JAPANESE COMPANIES MUST CREATE AN ENVIRONMENT THAT ENCOURAGES TALENTED STAFF WITH PROFESSIONAL SKILLS TO IMPROVE INDIVIDUAL PRODUCTIVITY AND DISPLAY CREATIVITY. PRODUCTIVITY AND CREATIVITY CORRELATE WITH EMPLOYEE SATISFACTION(ES). TO ANALYZE ES FACTORS,THIS PAPER PRESENTS INFORMATION ON EMPLOYEE CONSCIOUSNESS BASED ON A QUESTIONNAIRE. THE RESULTS ARE AS FOLLOWS: (1)A THOUGH MIDDLE-MANAGEMENT EMPLOYEES (ABOUT 10 YEARS OF CONTINUITY,OR 35-YEARS OLD) ARE COMPARATIVELY SATISFIED WITH THEIR GENERAL LIFE, GENERAL JOB AND GENERAL WORKPLACE, THEY ARE SLIGHTLY DISSATISFIED WITH THEIR GENERAL COMPANY. THIS PAPER CLARIFIED THE PRESENT STAGE AND PROBLEMS OF 28 ES ITEMS,INCLUDING SALARY, DECISION-MAKING PROCESS AND MANAGEMENT STRATEGY. (2)INDIVIDUAL AND CORPORATE BEHAVIOR COULD BE DIVIDED INTO TWO PARTS: ECONOMIC FACTORS ABOUT PROFITS,AND SOCIAL CONCERN FOR OTHERS. THESE FACTORS AND ES ARE CLOSELY RELATED TO EACH OTHER. (3)USING ES DATA AS A BASIS,PERSONNEL SYSTEMS,SUCH AS COMMUNICATION BETWEEN EMPLOYERS AND EMPLOYEES AND IMPROVING MANAGEMENT PERFORMANCE BY SELF-APPRAISAL SYSTEM WERE SIGNIFICANT IN ACTIVATING ORGANIZATIONS.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
1993
発行年月 [Issued Year / Month]
1994/06
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

蟻生 俊夫

経済社会研究所経営グループ

キーワード [Keywords]
和文 英文
従業員満足度 EMPLOYEE SATISFACTION
行動科学 BEHAVIORAL SCIENCE
経営分析 BUSINESS ANALYSIS
企業文化 CORPORATE CULTURE
価値観 SENSE OF VALUES
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.