財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y93011
タイトル
電気事業の従業員満足度の現状と課題−従業員アンケートにもとづく組織活性化−
[Title]
THE PRESENT STATE AND PROBLEMS OF EMPLOYE SATISFACTION -ORGANIGATIONAL A CTIVATION OF ELECTRIC UTILITY MANAGEMENT-
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
本報告では,電気事業の従業員にアンケート調査を実施し,幅広い角度からその特徴を把握する。そして,一般企業の従業員の調査結果や各分野で著名な企業の先進事例等を参考にしながら,電気事業経営に即した組織活性化のあり方を考察していく。その結果,以下の結論を得た。従業員からみると,電気事業経営は,「重厚」や「年功重視」「長期的」「公平」といったキーワードから説明できる。総合的な経営力の評価,分析により,こうした企業文化・組織風土の側面が,一般企業と比較して,もっとも顕著な違いを有することが明らかにされた。電気事業の従業員の仕事に対する考え方では,所謂ゼネラリスト志向が強いとわかった。また,大企業,または公益事業であることに起因する電気事業の従業員満足度現状や課題を認識した。満足度に及ぼす要因を分析した結果,電気事業の活性化における人事・雇用制度面の重要性をクローズアップできた。今後は,何よりも「経営
[Abstract]
WITH DEREGULATION AND INTENSIFIED COMPETITION BETWEEN ENERGY INDUSTRIES,IT HAS BECOME MORE IMPORTANT FOR ELECTRIC UTILITIES TO REDUCE THE SUPPLY COST AND BECOME COMPETITIVE.WE ASSUMED THAT MANAGEMENT EFFICIENCY WOULD BE CLOSELY RELATED TO ORGANIZATIONAL ACTIVATION.TO CLARIFY THE METHODS OF ORGANIZATIONAL ACTIVATION FOR ELECTRIC UTILITIES MANAGEMENT,WE SURVEYED EMPLOYEE CONSCIOUSNESS USING A QUESTIONNAIRE.THE RESULTS ARE AS FOLLOWS: (1)THE CORPORATE CULTURE OF ELECTRIC UTILITIES WAS CHARACTERIZED BY SUCH KEYWORDS AS HEAVINESS, SENIORITY, LONG-RANGE, FAIRNESS AND PLAIN, ETC.WE CONFIRMED THAT ELECTRIC UTILITIES ARE POSITIVELY ENGAGED IN CONTRIBUTING TO SOCIETY. (2)MOST EMPLOYEES AR ELECTRIC UTILITIES INTENDED TO BE GENERALISTS.WE CLARIFIED THEIR PRESSENT SATISFACTION;THEY WERE COMPARATIVELY SATISFIED WITH HUMANRELATIONSHIPS AT WORKPLACE BUT DISSATISFIED WITH DECISION MAKING PROCESS, FOR EXAMPLE. (3)AS A RESULT USING FACTOR ANALYSIS OF EMPLOYEE SATISFACTION(ES),WE HIGHLIGHTED THE PERSONNEL SYSTEMS FOR ORGANIZATIONAL ACTIVATION OF ELECTRIC UTILITIES MANAGEMENT.IN PARTICULAR, COMMUNICATION BETWEEN EMPLOYERS AND EMPLOYEES WAS MOST IMPORTANT.WE PRESENT SOME CORPORATIONS AS EXAMPLES OF BUSINESSES THAT SUCCEEDED IN COMMUNICATION.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
1993
発行年月 [Issued Year / Month]
1994/03
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

蟻生 俊夫

経済社会研究所経営グループ

丸山 真弘

経済社会研究所経営グループ

井内 正直

経済社会研究所社会システムグループ

キーワード [Keywords]
和文 英文
電気事業 ELECTRIC UTILITY
組織活性化 ORGANIZATIONAL ACTIVATION
経営分析 BUSINESS ANALYSIS
従業員満足度 EMPLOYEE SATISFACTION
人事・雇用制度 PERSONNEL SYSTEM
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.