財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y93012
タイトル
停電による損害分配の制度についての考察−事業者に責任がある場合の損害賠償額の制限−
[Title]
LEGAL ASPECTS OF POWER FAILURE-LIMITATION OFLIABILITY FOR ELECTRIC UTILITIES-
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
停電の際に予想される紛争の回避や問題解決の方法について整理を行い,停電の場合の事業者の責任制限のあり方についてその考え方を明らかにした。その結果,公益事業の約款において免責規定を定め,責任と賠償の範囲を明らかにする根拠のひとつとして,責任と賠償の範囲に対応した料金の水準とのパッケージを,需要家に対して約款という形であらかじめ提示することで,需要化に選択の可能性を与える点があることが明らかになった。
[Abstract]
THIS PAPER INVESTIGATES LEGAL PROBLEMS CONCERNING THE RELATIONSHIP BETWEEN ELECTRIC UTILITIES AND CUSTOMERS IN THE CASE OF POWER FAILURE,AND THE REASONING TO ESTABLISH AN ESCAPE CLAUSE IN ELECTRIC POWER SUPPLY RULES. THE RESULTS ARE AS FOLLOWS: (1)IN JAPAN,THERE IS NO EXPLICT ESCAPE CLAUSE IN THE ELECTRIC SUPPLY RULES BEYOND THE PRINCIPLE OF CIVIL LAW. (2)INVESTIGATION OF TARIFF COVENANTS IN GERMANY AND THE USA SHOWS THAT THERE ARE VARIOUS RULES ABOUT ESCAPE CLAUSE.FOR EXAMPLE,(A)THE RANGE OF APPLICATION (WHETHER APPLIES IN CASE OF INTERNTION OR GROSS NEGLIGENCE),(B)THE METHOD OF LIMITATION OF LIABILITY(WHETHER IT LIMITS AMOUNT OF COMPENSATION NOT ONLY PERDAMAGED CASTOMER BUT ALSO OVER CASE AS A WHOLE),AND(C)THE CONCEPT OF LIMIT OF COMPENSATION(WHETHER CLAIMANT MUST PROVE REAL AMOUNT OF DAMAGE,OR WHETHER COMPENSATION SHOULD BE DETERMINED BY IRREBUTTABLE PRESUMPTION). (3)IN THE CASE OF PUBLIC UTILITIES,HOW TO LIMIT THE LIABILITY AND THE AMOUNT OF COMPENSATION ARE ESSENTIAL ELEMENTS ON RATE SO THIS IS ONE REASON FOR STIPULATING AN ESCAPE CLAUSE IN TARIFF COVENANTS.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
1993
発行年月 [Issued Year / Month]
1994/04
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

丸山 真弘

経済社会研究所経営グループ

キーワード [Keywords]
和文 英文
停電 POWER FAILURE
被害 INJURY
民法 CIVIL LAW
約款 COVERNANT
電気供給規程 ELECTRIC SUPPLY RULES
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.