財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y93013
タイトル
労働市場の動向分析−70年代以降のトレンド変化を中心として
[Title]
ANALYSIS OF JAPANESE LABOR MARKET AFTER 1970S
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
わが国の経済社会は大きな構造変革の時代を迎えており,経済成長や電力需要に多大な影響を及ぼす労働市場も同様に大きな転換期にある。このため,人口,労働力需給,賃金構造など,広く労働市場全体の動向を調査した。主な分析結果は次のとおりである。a)総人口は2010年頃から減少していくため,中長期的には労働力供給の制約が高まってくると予想される。労働市場の需給動向をみると,需給面では労働市場のミスマッチ等を反映して完全失業率は上昇傾向にある。b)賃金の決定について85年頃を境とする構造変化が確認された。また,時短の進展の下でマンアワー換算の労働力供給を確保するためには,高齢者や女性の労働酸化が必要であり,そのためには雇用環境の改善などが不可欠である。c)終身雇用や年功制に依存した雇用慣行・制度について,専門的職種に就く就業者を中心に今後緩やかに変貌すると考えられる。
[Abstract]
JAPAN S ECONOMIC AND SOCIAL ENVIRONMENT AROUND THE LABOR MARKET IS FACING DRAMATIC STRUCTURAL CHANGES DUE TO AGING,DECREASING WORKING POPULATION AND SHORTENING WORKING HOURS.WE HAVE ANALYZED THE PAST AND PRESENT CONDITIONS OF LABOR SUPPLY AND DEMAND,WAGE STRUCTURE AND WORKING HOURS TO CLARIFY NEW TRENDS IN THE LABOR MARKET. OUR ANALYSIS HAS CLARIFIED THE FOLLOWING POINTS: (1)TRENDS IN POPULATION AND LABOR SUPPLY AND DEMAND:THE POPULATION OF JAPAN WILL PEAK AROUND 2010,AND THE WORKING POPULATION IS AGING RAPIDLY.THE LABOR SUPPLYCONSTRAINT BECOMES A MORE IMPORTANT ISSUE WITH THE ONGOING CHANGES IN THE STRUCTURE OF EMPLOYMENT SUCH AS THE SHIFT TOWARDS THE SERVICE INDUSTRY AND WHITE-COLLAR WORKERS. (2)TRENDS IN WAGES AND WORKING HOURS:THE EFFECT OFWAGE DETERMINANTS SUCH AS LABOR PRODUCTIVITY AND THE SUPPLY-DEMAND SITUATION OF THE LABOR FORCE HAVE WEAKENED SINCE THE MID01980S BECAUSE OF CHANGES IN THE SPRING LABOR OFFENSIVE AND THE SENIORITY WAGE SYSTEM. THE WORKING HOURS,WHICH ARE STILL LONGER THAN THOSE IN THE US AND EUROPEAN COUNTRIES,SEEM TO BE SHORTENING DUE TO THE SPREAD OF THE FIVE-DAY WORK WEEK.THIS MOVEMENT WILL ACCELERATE THE LABOR PARTICILATING OF AGED PEOPLE AND WOMEN.(3)MEASURES AGAINST LABOR SUPPLY CONSTRAINT:THE MAIN MEASURES ARE ACTIVE USE OF WOMEN,AGED PEOPLE,AND FOREIGN WORKERS,LABOR-SAVING INVESTMENT AND EMPLOYEE TRAINING
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
1993
発行年月 [Issued Year / Month]
1994/04
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

服部 恒明

経済社会研究所

加藤 久和

経済社会研究所一般経済グループ

若林 雅代

経済社会研究所一般経済グループ

キーワード [Keywords]
和文 英文
高齢化 AGING
労働力制約 LABOR SUPPLY CONSTRAINT
労働力需給 LABOR SUPPLY AND DEMAND
貸金 WAGE
時短 SHORTENING WORKING HOURS
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.