財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y93015
タイトル
グローバルCO2抑制方策の検討−公平性と効率性の実現に向けて−
[Title]
ANALYSIS OF GLOBAL ECONOMIC INSTRUMENTS FOR CO2 EMISSION REDUCTION -EQUITY AND EFFICIENCY-
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
排出権取引費用を無視した場合、排出権市場の持つ効果は「全地域に対する均一税率の炭素税」と「所得移転」の効果に分離出来る(コースの定理)。このとき、排出権市場においては効率性と公平性の問題が分離する。このことを利用して、グローバルCO2排出権市場についての試算を行い、以下の結果を得た:・排出権価格(=排出削減の限界費用)は、2000年において、世界全体の排出削減率が15、29、43%のとき、それぞれ54、132、251〔$(91)t〕となる。排出権売買を行わない場合に比べて先進国の限界費用は著しく低く抑えられる。さらにこのとき、限界費用は全世界で等しくなり、最大の効率が達成される。・排出権初期割当方式について、人口比例、GNP比例、排出量実績比例の3通りを検討した。人口比例割当の場合、先進国のGNPの1−3%が、排出権売買によって途上国へ所得流出する。これは途上国にとっては、排出削減に伴
[Abstract]
THE GLOBAL MARKET FOR CO2 EMISSION PERMITS HAS THE POTENTIAL TO ACHEIVE EFFICIENT GLOBAL CO2 CONTROL WHILE MAINTAINING A FAIR SHARE OF THE ECONOMIC BURDEN AMONG WORLD REGIONS BY INITIAL ALLOCATION AND SUBSEQUENT TRADES. WE SIMULATED THE PERMIT MARKET ASSUMING THE TRANSACTION COST ASSOCIATED WITH THE PERMIT TRADE IN NEGLIGIBLE.IN THIS SCHEME:(1) THE PERMIT PRICE IS DETERMINED SOLELY BY THE GLOBALTOTAL EMISSION TARGET: AND (2) INCOME TRANSFER ASSOCIATED WITH THE PERMIT TRADE IS DETERMINED SOLELY BY THE DISTRIBUTION OF THE INITIAL ALLOCATION. THUS, THE PROBLEM OF EQUITY IS SEPARATE FROM THE PROBLEM OF EFICIENCY. THIS CASE ILLUSTRATES AN APPLICATION OF COASE S THEOREM. NOT ONLY DOES THE THEOREM GIVE US A TECHNIQUE TO SIMULATE THE PERMIT TRADE, BUT IT ALSO SUGGESTS THAT WE CAN HAVE A SYSTEM EQUIVALENT TO THE PERMIT MARKET BY A COMBINATION OF REGIONAL CO2 CONTROL, JOINT IMPLEMENTATION, AND SUITABLE INCOME TRANSFER REFLECTING EQUITY. THE EQUIVALENT SYSTEM MAY BE EASIER TO IMPLEMENT THAN THE PERMIT MARKET WHILE MAINTAINING THE DESIRABLE CHARACTERISTICS OF THE PERMIT MARKET. THE EDOMONDS-REILLY MODEL WAS USED FOR THE SIMULAITON IN THE YEAR 2000. THREE INITIAL ALLOCATIONS WERE ANALYZED: ALLOCATIONS PROPORTIONAL TO POPULATION, GNP, AND CO2 EMISSION IN THE CASE WITHOUT CO2 CONTROL. WE OBTAINED THE FOLLOWING RESULTS: (1)THE PERMIT PRICE IN THE YEAR 2000 IS $54/T-C FOR A GLOBAL EMISSION REDUCTION RATE OF 15%, $132/T-C FOR 29%, AND $251/T-C FOR 43% (1991 VALUES). THE MARGINAL COSTS IN DEVELOPED REGIONS ARE DRASTICALLY REDUCED FROM THE CASE WHERE EACH REGION INDEPENDENTLY ACHIEVES ITS TARGET; (2)IN THE CASE OF POPULATION-BASED ALLOCATION, 1% TO 3%
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
1993
発行年月 [Issued Year / Month]
1994/04
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

杉山 大志

経済社会研究所エネルギーシステムグループ

山地 憲治

経済社会研究所エネルギーシステムグループ

岡田 健司

経済社会研究所社会システムグループ

キーワード [Keywords]
和文 英文
地球温暖化 GLOBAL WARMING
炭素税 CARBON TAX
世界エネルギーモデル GLOBAL ENERGY MODEL
排出権市場 TRADABLE CO2 EMISSION PERMIT
公平性と効率性 EQUITY AND EFFICIENCY
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.