財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y94004
タイトル
世界エネルギー・土地利用モデルによるバイオマス利用可能量の分析
[Title]
ANALYSIS OF BIOMASS PRODUNCTION POTENTIAL WITH GLOBAL ENERGY AND LAND-USE MODEL
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
本研究では,土地利用,人工増加,生活水準の向上,森林破壊,CO2の排出などを総合的に評価し,土地利用制約下でのバイオマス利用の制約を明らかにするため,SD(システム・ダイナミクス)の手法を用いて,世界エネルギー・土地利用モデルを開発した。そして,バイオマス需要や森林保護の指標をパラメータとするシミュレーションを行い,以下の結論を得た。1)途上地域の森林資源は,強力な森林保護対策を早急に実施しない限り,2100年頃までにほとんど枯渇してしまう。2)耕地で生産する新型エネルギー作物の供給は,食料生産との競合を考慮すると,考慮しない場合の1/2以下に留まる。3)新型エネルギー木材を大規模に導入すると,森林破壊が加速されるが,バイオマスエネルギーで化石燃料を代替出来るため,全体としてはCO2排出量を削減出来る。
[Abstract]
BIOMASS ENERGY WILL BECOME A KEY ENERGY RESOURCE FOR SUSTAINABLE GLOBAL DEVELOPMENT. HOWEVER,BIOMASS IS NOT AN INFINITE ENERGY RESOURCE. THE LAND AREA AVAILABLE FOR BIOMASS PRODUCTION ISLIMITED AND SOME BIOMASS MUST BE RESERVED FOR FOOD AND MATERIALS. THE AMOUNT OF BIOMASS CONSUMED FOR NON-ENERGY PURPOSES WILL INCREASE WITH POPULATION AND ECONOMIC GROWTH IN DEVELOPING COUNTRIES. FURTHERMORE,FORESTS ARE DECREASING DUE TO INCOMPLETE REFORESTATION AND SLASH-AND-BURN FARMING IN DEVELOPING COUNTRIES. WE EVALUATED THE GLOBAL BIOMASS ENERGY POTENTIAL AND ASSOCIATED CO2 EMISSIONS BY DEVELOPING A GLOBAL ENERGY AND LAND-USE MODEL USING THE SD (SYSTEM DYNAMICS) TECHNIQUE. THE MODEL CONTAINS TWO SECTORS:THE ENERGY SECTOR AND THE LAND USE-SECTOR,AND DESCRIBES COMPETITION BETWEEN VARIOUS USES FOR BIOMASS SUCH AS ENERGY,FOOD,AND TIMBER. WE OBTAINED THE FOLLOWING RESULTS. (1)ALL EXISTING FORESTS INDEVELOPING REGIONS WILL BE EXHAUSTED BY 2100 IN THE BASE CASE. IN THISCASE,THE PARAMETERS OF BIOMASS DEMAND AND FOREST PROTECTION IN DEVELOPED REGIONS WILL STAY AT 1990 LEVELS,AND THE PARAMETERS IN THE DEVELOPING REGIONS WILL GRADUALLY REACH THE PARAMETERS IN THE DEVELOPED REGIONS BY 2100. (2)IF IT IS ASSUMED THAT THE AREA OF ARABLE LAND REMAINS CONSTANT IN THE FUTURE,A SHORTAGE OF ARABLE LAND AND FOOD PRODUCTION WILL OCCUR AND THERE WILL BE NO ROOM FOR MODERN ENERGY CROPS*. EVEN IF WE ADAPT THE DATA OF JOHANSSON ET AL. WHO ESTIMATE THAT THERE WILL BE ADDITIONAL ARABLE LAND,MODERN ENERGY-CROP PRODUCTION IS LIMITED TO 29 EJ IN 2050,WHICH CORRESPONDS TO ONLY A FOURTH OF THE POTENTIAL ESTIMATED BY JOHANSSON ET AL. THIS RESULT OCCURS BECAUSE ARABLE LAND IS USED PRIMARILY FOR FOOD PRODUCTION IN OUR MODEL. (3)IF THE SHARE OF MODERN ENERGY WOODS* REACHES 50% OF ALL BIOMASS PRODUCTION FROM FORESTS BY 2050,THE CHANGEIN ACCUMULATED CO2 EMISSIONS BY 2100 COMPARED TO THE BASE CASE WILL BE54 BILLION TONS-C FROM DEFORESTATION,AND MINUS 230 BILLION TONS-C FROMTHE DECREASE IN FOSSIL-FUEL CONSUMP
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
1994
発行年月 [Issued Year / Month]
1994/07
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

山本 博巳

経済社会研究所エネルギーシステムグループ

山地 憲治

経済社会研究所エネルギーシステムグループ

キーワード [Keywords]
和文 英文
システムダイナミクス SYSTEM DYNAMICS
バイオマス BIOMASS
食料問題 FOOD SHORTAGE
土地利用モデル LAND-USE MODEL
森林破壊 DEFORESTATION
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.