財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y94006
タイトル
人口予測モデルの開発と将来人口予測
[Title]
DEMOGRAPHIC FORECASTING AND PREDICTION OF JAPANESE POPULATION
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
わが国経済社会は大きな構造変革の時代にあり,とりわけ高齢化の進展は経済社会のあらゆる方面に多大な影響をもたらす。また,中期的な経済社会展望には,高齢化や少子化の動向を的確に把握することが不可欠である。以上を目的として,経済社会的な要因を重視した人口予測モデルの開発を行い,将来の日本人人口の予測を行った。主な分析結果は次のとおりである。a.近年の合計特殊出生率(TFR)の低下傾向が続けばTFRは2010年に1.42に,また2020年には1.38まで低下する。b.将来の平均寿命は,2010年では男子78.4歳,女子85.3歳に,また2020年では男子78.9歳,女子85.9歳まで伸びる。c.わが国の人口は今後しばらく増加するものの,2006年に1億2,702万人でピークを迎え,その後減少する。総人口は2010年には1億2,652万人,2020年には1億2,134万人となる。d.将来の
[Abstract]
THE AGING POPULATION AND FALLING REPRODUCTION RATE ARE CAUSING GREAT CHANGES IN THE JAPANESE ECONOMY AND SOCIETY. TO FORECAST THE FUTURE SOCIOECONOMIC ENVIRONMENT,WE HAVE DEVELOPED A DEMOGRAPHIC FORECASTING MODEL AND HAVE ESTIMATED THE POPULATION AND AGE DISTRIBUTION UNTIL THE YEAR 2020. IN ADDITION TO TRADITIONAL COHORT ANALYSIS,WE HAVE INTRODUCED SOCIO-ECONOMIC ASPECTS INTO THE SECTOR FOR DETERMINING BIRTHS AND LIFE TABLES. THE ANALYSIS SUGGESTS THE FOLLOWING POINTS: A. THERE IS A STRONG LIKELIHOOD THAT THE DECLINING DECLINING REPRODUCTIVE RATE IN RECENT YEARS WILL CONTINUE TO 2020. TFR (TOTAL FERTILITYRATE) WILL CONTINUE TO FALL FROM 1.46 IN 1993 TO 1.42 IN 2010,AND 1.38IN 2020. B. THE AVERAGE LIFE SPAN WILL INCREASE TO 78.9 YEARS FOR MEN AND TO 85.9 YEARS FOR WOMEN IN 2020. C. AS A RESULT,THE JAPANESE POPULATION WILL INCREASE SLOWLY TO PEAK IN 2006,AND THEN WILL THEN DECREASE TO 121,466,000 IN 2000,WHICH IS LOWER THAN THE 1990 LEVEL. D. THE SECONDBABY-BOOM GENERATION REACHING MARRIAGEABLE AGE WILL INCREASE THE NUMBER OF BIRTHS UNTIL 2001. HOWEVER,THE BIRTH RATE WILL DECREASE SUBSEQUENTLY BECAUSE OF DECLINING TFR AND WILL FALL BELOW 1 MILLION IN 2015. E. BETWEEN 1990 AND 2020,THE PROPORTION OF PEOPLE AGED 65 YEARS AND AND OVER WILL INCREASE BY 14.5% FROM 12.1% TO 26.6% OF THE TOTAL POPULATION.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
1994
発行年月 [Issued Year / Month]
1994/10
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

加藤 久和

経済社会研究所一般経済グループ

キーワード [Keywords]
和文 英文
高齢化 AGING
出生率 REPRODUCTION RATE
平均寿命 AVERAGE LIFESPAN
将来人口推計 POPULATION FORECASTING
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.