財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y94010
タイトル
スポット料金と融通電力を組み合わせた需給運用方式
[Title]
SIMULATION OF MULTI-AREA ECONOMIC LOAD DISPATCHING CONTROL WITH SPOT PRICING AND ECONOMIC POWER INTERCHANGE
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
本報告では,スポット料金による需要調整と電力会社間での多地域電力融通・託送の協調により,需要変動に対応する需給運用モデルを開発した。本モデルでは,経済負荷配分理論に基づき,需給バランスを保ち,最も発電コストが安くなるような基準負荷配分を決める。需給不均衡が発生した系統は,その不足量を解消するためにスポット料金により需要を調整し,他系統からの融通・託送電力を購入するように定義した。その際,スポット料金による増収分を融通電力の購入資金に充てること,託送料金は最も簡単な郵便切手型とするなどの仮定を設けた。その結果,融通・託送電力取引の導入により,料金の急激な上昇を抑制される。融通電力の平均単価は,受電系統の電気料金よりも低く,常に融通単価の安い系統から受電していることなども示された。
[Abstract]
THIS REPORT PRESENTS A MULTI-AREA ECONOMIC LOAD DISPATCHING CONTROL SCHEME WITH A COMBINATION OF SPOT PRICING AS A DEMAND-SIDE OPTION AND ECONOMIC POWER INTERCHANGE AS A SUPPLY-SIDE OPTION TO KEEP DEMAND AND SUPPLY IN BALANCE. DYNAMIC ECONOMIC LOAD DISPATCHING CONTROL(ELD) IS USED WITH SOME MODIFICATIONS SUCH AS INTRODUCTION OF MULTI-AREA POWER INTERCHANGE AND REGIONAL SPOT PRICING. TO KEEP DEMAND AND SUPPLY IN BALANCE,THE REGION(BUYER) WITH LARGER LOAD DEMAND THAN MAXIMUM GENERATION CAPACITY MUST CONTROL DEMAND BY SPOT PRICING AND PURCHASING INTERCHANGE POWER FROM OTHER REGIONS(SELLERS) WITH EXCESS CAPACITIES. WE ASSUME THAT THE PURCHASE COST OF INTERCHANGE POWER IS COVEREDBY THE ADDITIONAL REVENUE OF SPOT PRICING BY THE BUYER. DISTRIBUTION OF INTERCHANGE POWER AMONG SELLERS IS DETERMINED BY THE MODIFIED ECONOMIC DISPATCHING RULE. THE FEASIBILITY OF THE PROPOSED METHOD WAS SHOWN NUMERICALLY BY SIMULATION USING A THREE-AREA POWER SYSTEM MODEL. THE FOLLOWING WAS FOUND:(1)A BUYER WITH INSUFFICIENT CAPACITY IN THE PEAK PERIOD CAN SUPPRESS LOAD DEMAND BY INCREASING SPOT PRICE AND PURCHASING POWER FROM SELLERS WITH EXCESS CAPACITIES. THIS BUYER CAN ACHIEVE A POWER BALANCE WITH THESE PROPOSED SUPPLY AND DEMAND MEASURES. (2)THE AVERAGE PRICE OF INTERCHANGE POWER IS LOWER THAN THE REGIONAL SPOT PRICING RATE UNDER THE MODIFIED ECONOMIC DISPATCHING RULE FOR DISTRIBUTION OF INTERCHANGE POWER BETWEEN SELLERS. (3)THE REGIONAL SPOT PRICE RATE IS REDUCEDBY INTRODUCTION OF MULTI-AREA POWER INTERCHANGE. (4)LEVELS OF REGIONALSPOT PRICE AND PURCHASED POWER PRICE DEPEND HAVILY ON THE SELLER S GENERATING COST AND THE LOAD DEMAND LEVEL.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
1994
発行年月 [Issued Year / Month]
1995/07
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

岡田 健司

経済社会研究所社会システムグループ

浅野 浩志

経済社会研究所エネルギーシステムグループ

キーワード [Keywords]
和文 英文
経済負荷配分 ECONOMIC LOAD DISPATCHING
電力融通 POWER INTERCHANGE
スポット料金 SPOT PRICING
DSM DSM
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.