財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y94011
タイトル
太陽光発電システムの普及分析
[Title]
MARKET PENETRATION ANALYSIS OF PHOTOVOLTAIC SYSTEMS USING ECONOMIC SIMULATION MODEL
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
太陽光発電(PV)システムについて,システムの経済的成立性を助成金利用の判断基準とした普及分析モデルを開発し,様々な助成策によってPVシステムが地域あるいは全国でどのように普及していくか,またPVシステムの普及が環境の改善と産業の育成にどのような効果を与えるのかを明らかにした。その結果,(1)わが国における立地面から見て,系統連携型PVシステムの最大普及規模は18GWpであり,その値は現在の電源設備容量212GWの約8%に相当している。(2)15年の助成期間が終了してもさらにシステムが経済的に成立するためには,年間助成額が200億円以上必要となり,この場合,2010年の普及量は75万KWp,2040年で1200万KWpが見込める。(3)年助成額200億円の場合,助成終了後も市場が徐々に拡大していき,2030年代には太陽光パネルの年間売上高が1000億円規模の産業となる。(4)PVシステム
[Abstract]
THIS STUDY CLARIFIES THE IMPACTS ON THE POWER-SUPPLY CONFIGURATION AND CO2 REDUCTION WHEN PHOTOVOLTAIC (PV) SYSTEMSPENETRATE SOCIETY IN JAPAN. WE DEVELOPED A MARKET PENETRATION MODEL TOEVALUATE INSTALLATION OF PV SYSTEMS. THE MODEL IS COMPOSED OF SEVERAL MODULES: A TECHNOLOGY APPLICATION MODULE,A REGIONAL METEOROLOGY MODULE,COST MODULES SUCH AS CAPITAL COST,POWER GENERATION COST,MARGINAL COST AND AVOIDED COST,AND A LOGISTIC PENETRATION MODULE. A DATABASE MANAGEMENT SYSTEM FOR APPLICATION FORMS,METEOROLOGICAL DATA,ENERGY DEMAND AND EQUIPMENT COSTS WAS ALSO DEVELOPED TO SUPPORT THE MODEL. WE CLARIFIED THEAPPROPRIATE LONG-TERM FINANCIAL SUPPORT PROGRAM USING COST BENEFIT ANALYSIS. THE FOLLOWING RESULTS SUMMARIZE THE MARKET PENETRATION ANALYSIS OF PV SYSTEMS IN JAPAN. (1)A PV CAPACITY OF 24.7 GWP INCLUDING INDEPENDENT SYSTEMS IS ESTIMATED TO BE THE MAXIMUM MARKET POTENTIAL IN JAPAN; 18 GWP IS EXPECTED TO BE INSTALLED AS GRID-CONNECTED SYSTEMS. (2)THE PRINCIPAL DEMAND FOR PV CELLS AFTER THE 2030S IS FOR REPLACEMENT OF PV SYSTEMS INSTALLED BY MOST CUSTOMERS BEFORE THE 2020S WITH A HIGH ANNUAL SUBSIDY (36 BILLION YEN PER YEAR). (3)THE ANNUAL MARKET SIZE FOR PV CELLSWILL BE 100 BILLION YEN/YEAR IN THE 2030S IF THE BEST SUPPORTING PROGRAM (ANNUAL SUBSIDY OF 20 BILLION YEN/YEAR) IS FUNDED FOR THE RESIDENTIAL SECTOR. (4)THE CO2 REDUCTION IN 2040 WILL BE APPROXIMATELY 3 MILLION T-C/YEAR WITH THE BEST SUPPORTING PROGRAM.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
1994
発行年月 [Issued Year / Month]
1995/06
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

今村 栄一

経済社会研究所技術評価グループ

内山 洋司

経済社会研究所技術評価グループ

キーワード [Keywords]
和文 英文
太陽光発電 PHOTOVOLTAIC SYSTEM
普及過程 MARKET PENETRATION
普及規模 MARKET POTENTIAL
設置形態 APPLICATION FORMS
普及助成策 SUPPORTING PROGRAM
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.