財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y95001
タイトル
民生部門における機器効率化による省電力効果
[Title]
ESTIMATES OF ECONOMIC POTENTIAL FOR ELECTRICITY SAVING IN JAPANESE BUILDING SECTOR THROUGH EFFICIENCY IMPROVEMENTS IN APPLIANCES
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
民生部門の電気機器について,現在あるいは近い将来に利用可能な効率化技術について調査し,高効率機器が普及した場合の省電力量とその経済性,および系統最大電力に現れる影響について分析した。その結果,経済性の成立する高効率機器が1990年度に100%普及していた場合,業務部門の約27%,家庭部門の約9%の電力需要が節約できていたことが明らかになった。また,電気機器の高効率化は空調や照明など系統最大電力を押し上げている電力需要を削減するため,年負荷率の向上に貢献することが期待される。高効率機器の普及により,1990年度に系統最大電力は業務部門で約1,700万kW(系統最大電力の12%),家庭部門で約500万kW(同4%)削減可能であり,年負荷率は約3ポイント向上できていたことが推定された。
[Abstract]
THIS STUDY INVESTIGATES THE ECONOMIC POTENTIAL FOR ELECTRICITY SAVING IN THE RESIDENTIAL AND COMMERCIAL SECTORS BY IMPROVEMENT OF ENERGY EFFICIENCY OF APPLIANCES. THE POTENTIAL SAVEING FOR BOTH ANNUAL POWER DEMAND AND MAXIMUM PEAK LOAD IS EVALUATED. TO ESTIMATE THE POTENTIAL SAVING,LOAD CURVES OF APPLIANCES IN THE RESIDETIAL AND COMMERCIAL SECTORS IN 1990 WERE EVALUATED WITH 22 DIFFERENT TECHNOLOGIES FOR IMPROVING EFFICIENCY. THE COST OF CONSERVED ENERGY(CCE),WHICH IS A GOOD MEASURE FOR JUDGING THE ECONOMICS OF THE INVESTMENT,WAS CALCULATED USING THE RATE OF EFFICIENCY IMPROVEMENT,LIFETIME OF APPALIANCE,AND ITS INSTALLATION COST. ANNUAL POWER DEMAND COULD BE CUT BY ABOUT 27%AND 9% IN COMMERCIAL SECTOR AND RESIDENTIAL SECTORS,RESPECTIVELY,IF ECONOMIC TECHNOLOGIES WERE USED FULLY IN 1990. IMPROVING THE EFFICIENCY OF APPLIANCES COULD CONTRIBUTE TO IMPROVED ANNUAL LOAD FACTORS. THE AMOUNTS OF CONSERVED ELECTRICITY AND MAXIMUM PEAK LOAD WOULD BE ABOUT 74 TWH AND 22 GW,RESPECTIVELY,WHICH IS EQUAL TO ABOUT 11% AND 16% OF THE TOTAL ANNUAL AMOUNTS. AS A RESULT,THE ANNUAL LOAD FACTOR COULD BE IMPROVEDBY 3 POINTS. THIS POTENTIAL IS THE MAXIMUM VALUE, BECAUSE ALL APPLIANCES AREINSTANTANEOUSLY REPLACED BY MORE EFFICIENT ONES IN THE STUDY.IT IS IMPORTANT TO ESTIMATE THE PRACTICAL POTENTIAL FOR ELECTRICITY CONSERVATION BY TAKING THE SPREAD OF NEW APPLIANCES INTO ACCOUNT.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
1995
発行年月 [Issued Year / Month]
1995/07
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

永田 豊

経済社会研究所技術評価グループ

内山 洋司

経済社会研究所技術評価グループ

キーワード [Keywords]
和文 英文
省エネルギー ENERGY CONSERVATION
効率化技術 EFFICIENT TECHNOLOGY
電力負荷曲線 ELECTRIC LOAD CURVE
民生部門 BUILDING SECTION
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.