財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y95003
タイトル
時間帯別料金の効果:わが国の家庭部門における実証分析
[Title]
EFFECT OF TIME-OF-DAY RATES: ECONOMETRIC ESTIMATES FOR JAPANESE HOUSE HOLD:
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
家庭部門における時間帯別電灯料金を対象として、料金による負荷移行効果および費用対効果を分析した。その結果、時間帯別料金の実施によって需要家の純便益および電力会社の収益が増加し、社会全体の純便益が増加することが明らかになった。時間帯別料金を適用するためには、メータ等の追加コストが必要であるが、これらのコストが社会全体の純便益の増加を上回らない範囲では、時間帯別料金は費用対効果があることがわかる。
[Abstract]
TO PROMOTE LOAD LEVELLING, JAPANESE ELECTRICUTILITIES HAVE IMPLEMENTED DSM PROGRAMS SUCH AS INNOVATIVE RATES AND HEAT STORAGE. AS THE JAPANESE POWER MARKET BECOMES MORE COMPETITIVE, UTILITIES SHOULD EXAMINE THE COST EFFECTIVENESS OF DSM PROGRAMS. I INVESTIGATED THE IMPACTS OF VOLUNTARY TIME-OF-DAY (TOD) RATES ON RESIDENTAL DEMAND FOR ELECTRICITY. MY ANALYSIS IS BASED ON A SAMPLE SURVEY, WHICH PROVIDES CROSS-SECTIONAL DATA ON TOD ELECTRICITY CONSUMPTION, APPLIANCE HOLDINGS, AND ECONOMIC/DEMOGRAPHIC FEATURES FOR BOTH TOD AND NON-TOD HOUSEHOLDS IN JAPAN. THIS INFORMATION IS USED TO FORMULATE A DEMAND MODEL FOR TOD ELECTRICITY CONSUMPTION DURING SUMMER. USING ECONOMETRIC ESTIMATES OF TOD DEMAND, A COST-BENEFIT ANALYSIS OF TOD WAS PERFORMED FOR RESIDENTAL CUSTOMERS. THE RESULTS SHOW THAT CUSTOMER RESPONSE TO THE HIGH PRICE OF THE PEAK PERIOD IS RELATIVELY MODEST IN TERMS OF COMPENSATED PRICE ELASTICITIES. THEY ALSO INDICATE THAT THE RELATIVE MAGNITUDES OF THE PRICE AND SELECTION EFFECTS DEPENDS ON OWNERSHIP OF A WATER HEATER. THE COST-BENEFIT ANALYSIS FOR TOD RATES SUGGESTS THAT THE CURRENT TOD RATES FOR HOUSEHOLDS IN JAPAN HAVE CONTRIBUTED TO IMPROVED SOCIAL WELFARE BY RAISING THE NET BENEFIT FOR BOTH CUSTOMERS AND UTILITIES.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
1995
発行年月 [Issued Year / Month]
1995/12
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

松川 勇

経済社会研究所エネルギーシステムグループ

キーワード [Keywords]
和文 英文
時間帯別料金 TIME-OF-DAY RATES
負荷平準化 LOAD LEVELLING
DSM DSM
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.