財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y95008
タイトル
規制緩和が電気事業経営に及ぼす影響−従業員アンケートに見る民営化後の英国配電会社の経営動向−
[Title]
IMPACT OF DEREGULATION ON ELECTRIC UTILITY MANAGEMENT -COMPARATIVE STUDY OF JAPANESE AND BRITISH COMPANIES-
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
英国配電会社を対象に文献・資料やアンケート調査を実施し,規制緩和が企業経営に及ぼす影響を分析した。その結果,英国配電会社の場合,財務指標の動向をみてみると,収益性や成長性,生産性に対し,規制緩和が有効な成果を与えている状況を確認できた。ただし,会社間でこれら格差は徐々に拡大しており,M&Aのような競争的環境の生成も認められた。また,日本の一般企業と電気事業も含め,組織風土や経営戦略等に関するアンケート調査を行った。そして,英国配電会社は,日本企業と比べ,利益志向で効率重視である,合理化や株主配当の向上に積極的な一方,研究開発力の向上には消極的である,といった特長を有する点が明らかにされた。さらに,英国配電会社と日本一般企業を参考に,将来,わが国の電気事業に予想される変化を推察すれば,短期的な利益追求志向が強まる反面,長期的な社会貢献活動などが疎かになる可能性を指摘できた。
[Abstract]
IN JAPAN,THE ELECTRIC UTILITY INDUSTRY LAW WAS ENACTED IN DECEMBER 1995 AND COMPETITION IS BEING INTRODUCED INTO THE POWER GENERATION MARKET. AGAINST THIS COMPETITIVE ENVIRONMENT,IT IS IMPORTANT FOR UTILITIES TO INVESTIGATE THE IMPACT OF DEREGULATION ON MANAGEMENT. ONE WAY TO CLARIFY SUCH AN IMPACT IS THROUGH DIFFERENCES IN MANAGEMENT BETWEEN REGULATED AND NON-REGULATED INDUSTRIES. THIS REPORT SURVEYED MANAGEMENT STRATEGY AND CORPORATE CULTURE BY QUESTIONNAIRE TO JAPANESE AND BRITISH COMPANIES. THE RESULTS ARE AS FOLLOWS: (1)USING MANAGERIAL INDICES,THE 12 REGIONAL ELECTRICITY COMPANIES (RECS) IN THE UK HAVE SEEN BETTER PROFITABILITY,GROWTH AND PRODUCTIVITY SINCE DEREGULATION. HOWEVER,DIFFERENCES BETWEEN THE 12 RECS ARE GROWING YEAR-BY-YEAR. (2)COMPARISON OF THE 12 RECS IN THE UK AND UTILITIES IN JAPAN SUGGESTS THAT JAPANESE UTILITIES WOULD CARRY OUT POSITIVE RATIONALIZATION AND GLOBALIZATION BUT SOCIAL CONTRIBUTION AND HUMAN RESOURCE DEVELOPMENT WOULD BE PASSIVE. (3)CLEARLY GOVERNMENT CONTROL WOULD HAVE A STRONG EFFECT ONMANAGEMENT STRATEGY AND CORPORATE CULTURE. CONSEQUENTLY,WE SHULD TAKE THESE ELEMENTS INTO ACCOUNT WHEN DISCUSSING DEREGULATION FROM THE MANAGEMENT ASPECT.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
1995
発行年月 [Issued Year / Month]
1996/01
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

蟻生 俊夫

経済社会研究所経営グループ

キーワード [Keywords]
和文 英文
電気事業 ELECTRIC UTILITY
規制緩和 DEREGULATION
企業評価 CORPORATE EVALUATION
経営戦略 MANAGEMENT STRATEGY
リストラ RESTRUCTURING
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.