財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y95010
タイトル
オープン・アクセスにおける財産権の保障−財産権の範囲と収用に関する検討
[Title]
GUARANTEE OF PROPERTY RIGHT IN OPEN-ACCESS SYSTEMS -PROPERTY RIGHTS EXPROPRIATION-
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
民営の電力会社に対して,規制当局が発送配電の垂直統合の分離や送電ネットワークの開放を命じることでオープン・アクセスの実施を強制することには様々な法的問題が存在する。本報告では,このような法的問題の内で,憲法上の財産権保障の観点について,カリフォルニアとドイツにおける議論をもとに検討を行った。その結果,以下のような点が明らかになった。(1)これらの分離や開放は財産権の内容にはあたらないので,このような命令を補償なしに発することは,財産権の不当な侵害となる。(2)これらの分離や開放の強制は財産の収用として行われるべきものであるが,正当な補償が必要で,補償額の算定は容易ではない。(3)電気事業者と託送希望者との間での契約を前提としつつ規制当局に対して託送命令権を与える形の解決が,憲法による財産権の保障という点からは有効な方法であるといえる。
[Abstract]
RECENTLY,COUNTRIES DEREGULATING THE ELECTRICITY SUPPLY INDUSTRY HAVE TENDED TO CHOOSE OPEN-ACCESS MODELS THAT ALLOWCUSTOMERS THE FREEDOM TO SELECT SUPPLIERS. THESE OPEN-ACCESS MODELS ARE REPRESENTED BY RETAIL WHEELING AND POOL MODELS. IN THE FORMER MODEL,UTILITIES ARE OBLIGED TO WHEEL THE POWER FROM GENERATORS TO CUSTOMERS. IN THE LATTER MODEL,THE TRANSMISSION GRID IS SEPARATED AND GENERAL ACCESS BY THIRD PARTIES IS GUARANTEED. WE INVESTIGATED THE RELATIONSHIP BETWEEN OPEN ACCESS TO THE TRANSMISSION GRID AND PROPERTY RIGHTS,TAKING THEDEBATES IN CALIFORNIA AND GERMANY AS EXAMPLES. THE RESULTS ARE: 1.IT INFRINGES THE PROPERTY RIGHTS OF ELECTRIC UTILITIES GUARANTEED BY THE CONSTITUTION IF AUTHORITIES ORDER UTILITIES TO SEPARATE THE TRANSMISSION GRID FOR OPEN ACCESS WITHOUT COMPENSATION. 2.IT IS NECESSARY TO DETERMINE THE COMPENSATION BEFORE AUTHORITIES ORDER ELECTRIC UTILITIES TO SEPARATE THE TRANSMISSION GRID,OR ALLOW THIRD PARTIES ACCESS TO THE GRID. 3.FROM THE VIEWPOINT OF PROPERTY RIGHTS GUARANTEED BY THE CONSTITUTION,THERE ARE NO PROBLEMS FOR AUTHORITIES TO ORDER ELECTRIC UTILITIES TO CONCLUDE CONTRACTS WITH THIRD PARTIES TO USE THE TRANSMISSION GRID PROVIDED THAT THE UTILITIES HAVE A GENERAL WHEELING OBLIGATION.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
1995
発行年月 [Issued Year / Month]
1996/03
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

丸山 真弘

経済社会研究所経営グループ

キーワード [Keywords]
和文 英文
規制緩和 DEREGULATION
財産権保障 PROPERTY RIGHT
収用 EXPROPRIATION
アメリカ USA
ドイツ GERMANY
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.