財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y95011
タイトル
都市インフラストラクチャー構築の資源使用量と環境負荷
[Title]
MATERIAL CONSUMPTION AND CARBON DIOXIDE EMISSION OF URBAN INFRASTRUCTURES
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
本報告では,都市を構成する主なインフラストラクチャーである電力供給設備,都市ガス供給設備,上水道設備,道路,建築物を対象に,設備構築に要した資源量,環境負荷を明らかにし,省資源・環境負荷低減のためにとるべき重点的対策を明らかにすることを目的とする。関東地方の各都市インフラについて資源使用量を把握した結果,以下の結果が得られた。(1)一人当たり素材使用量,CO2排出量では建築物が最も大きい。特に鉄・コンクリートの使用量が多く,これらを多量に用いる身体の長寿命化,あるいは建物の共同化等を推進する。(2)都市ガス・上水道・道路については末端側のネットワーク部分の影響が大きいため,ネットワーク延長を削減すべく,都市の無秩序な拡大を抑制する都市計画的な対応を図る。電力設備は末端側のウエイトは低いが,ネットワーク延長は他のインフラと比べて長いため,同様の対応が有効である。また,都市ガスや上水道の末端の配管では長寿命化などの対策をとる。(3)全般的に鉄やコンクリートのCO2排出量が多く,これらのリサイクル材の積極的活用を図るための制度を確立し,そのための技術開発を推進する。
[Abstract]
THE NECESSITY OF SUSTAINABLE DEVELOPMENT,INCLUDING RESOURCE SAVING,ENERGY CONSERVATION,AND CARBON DIOXIDE REDUCTIONIN URBAN DEVELOPMENT,HAS BEEN DISCUSSED EXTENSIVELY IN RECENT YEARS. HOWEVER,THERE ARE FEW QUANTITATIVE DISCUSSIONS. THIS PAPER QUANTIFIES RESOURCE/ENERGY CONSUMPTION AND CO2 EMISSION OF URBAN INFRASTRUCTURES IN THE KANTO REGION. THE RESULTS ARE AS FOLLWS: (1) MATERIAL REQUIREMENTS PER CAPITA AMOUNT TO NEARLY 51 TONS FOR BUILDINGS,17 TONS FOR ROADS,3.7TONS FOR GAS SUPPLY SYSTEMS,AND 1.9 TONS FOR BOTH ELECTRICITY SUPPLY EQUIPMENT AND WATER SUPPLY SYSTEMS. MOST BUILDING,ESPECIALLY REINFORCED CONCRETE(RC) AND STEEL-FRAMED RC(SRC) BUILDINGS,ARE MADE OF CONCRETE. CONCRETE,GRAVEL,MACADAM,AND ASPHALT-CONCRETE ARE ESSENTIAL ELEMENTS IN URBAN INFRASTRUCTURES. (2) CARBON DIOXIDE EMISSION PER CAPITA ARE ESTIMATED TO BE ABOUT 3.7 TONS OF CARBON FROM BUILDINGS,153 KG FROM ELECTRICITY SUPPLY SYSTEMS,137 KG FROM WATER SUPPLY SYSTEMS,136 KG FROM ROAD,AND40 KG FROM GAS SUPPLY SYSTEMS. RESIDENTIAL APARTMENTS OCCUPY THE MAIN PART OF EMISSIONS FROM BUILDINGS,SINCE MOST ARE SRC AND RC BUILDINGS WITH A LARGER FLOOR AREA. EMISSIONS FROM CONSTRUCTION OF POWER GENERATIONPLANTS IS LARGER THAN THAT FROM ELECTRICITY TRANSMISSION,TRANSFORMATION AND DISTRIBUTION GRIDS,BUT GRIDS ARE DOMINANT FOR GAS/WATER SUPPLY SYSTEMS AND ROADS WHERE ENORMOUS AMOUNTS OF CONCRETE AND ASPHALT-CONCRETEARE USED. (3) TO ENSURE RESOURCE/ENERGY SAVING AND CO2 REDUCTION IN URBAN REDEVELOPMENT,THE FOLLOWING COUNTERMEASURES ARE NECESSARY. FIRST,DEVELOP LONG-LIFE MATERIALS SUCH AS STEEL AND CONCRETE,AND STIMULATE RECYCLING. FOR BUILDINGS,PROMOTE JOINT USE OF LAND. SECOND,SHORTEN THE TOTAL LENGTHS OF GAS/WATER DISTRIBUTION GOODS AND ROAD NETWORKS IN URBAN PLANNING.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
1995
発行年月 [Issued Year / Month]
1996/04
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

田頭 直人

経済社会研究所技術評価グループ

鈴木 勉

経済社会研究所技術評価グループ

内山 洋司

経済社会研究所技術評価グループ

キーワード [Keywords]
和文 英文
都市インフラストラクチャー URBAN INFRASTRUCTURE
資源 RESOURCE
素材 MATERIAL
エネルギー ENERGY
CO2排出 CO2 EMISSION
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.