財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y95012
タイトル
電力市場自由化モデルの分析
[Title]
ANALYSIS OF DEREGULATION MODELS
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
本稿は,内外における電力市場自由化の動向調査に基づき,代表的自由化モデルの特徴点を検討するとともに,各自由化モデルの比較評価を行ったものである。まず,代表的市場自由化モデルとして,競争入札モデル,託送モデル(卸託送モデル,小売託送モデル)およびプール・モデル(強制または非強制)を取り上げ,競争導入の程度,垂直統合の分離などの観点からそれらの特徴点を検討した。つぎに,各市場自由化モデルの比較評価を行った。その結果,プール・モデルは競争条件が最も整備されており,効率性の観点から多くの経済学者によって支持されているものの,供給保障上の問題が残ることも指摘した。
[Abstract]
THIS PAPER IDENTIFIES TYPICAL DEREGULATION MODEL,ANALYSES THE CHARACTERISTICS OF EACH MODEL,AND EVALUATES THE PERFORMANCE OF EACH MODEL BY INVESTIGATING RESULTS OF DEREGULATION IN VARIOUS COUNTRIES. THE FOLLOWING CONCLUSIONS CAN BE DRAWN. FIRST INTRODUCTIONOF COMPETITION IN THE ELECTRICITY SUPPLY INDUSTRY IS POSSIBLE. WHEREASNETWORK FUNCTIONS REMAIN NATURAL MONOPOLIES,OTHER FUNCTIONS SUCH AS GENERATION AND SUPPLY,CAN BE REORGANIZED INTO COMPETITIVE STRUCTURES. BASED ON THIS NEW UNDERSTANDING,COMPETITIVE REFORM HAS BEEN WIDELY INTRODUCED IN MANY PARTS OF THE WORLD. ALONG WITH THESE REFORMS,THERE IS ALSO A GROWING TREND TO GIVE CUSTOMERS ACCESS RIGHTS. REFLECTING THIS TREND,OPEN-ACCESS MODELS REPRESENTED BY POOL MODELS AND RETAIL WHEELING MODELS HAVE BECOME MORE COMMON AMONG VARIOUS DEREGULATION MODELS. COMPETITION HAS PRODUCED SIGNIFICANT INCREASES IN EFFICIENCIES IN ELECTRIC POWER SUPPLY SYSTEMS,ESPECIALLY UNDER THE POOL SYSTEM. BUT REFORM RESULTS VARY SIGNIFICANTLY AMONG THE SELECTED MODELS,REFLECTING DIFFERENCES IN PROBLEM ANALYSIS AND REFORM GOALS,AS WELL AS ORGANIZATIONAL AND OWNERSHIP STRUCTURE. IN APPLYING THE POOL MODEL TO OTHER COUNTRIES,ALTHOUGH IN THE UK,RELIANCE ON GAS AS THE FUEL FOR NEW CAPACITY ADDITIONS CONTRIBUTESTO ENERGY SECURITY,THIS DOES NOT HOLD FOR OTHER EUROPEAN COUNTRIES OF JAPAN WHICH HAS SCARCE NATURAL RESOURCES. IN THESE COUNTRIES,DEPENDANCEON ONE FOSSIL FUEL COULD ENDANGER ENERGY SECURITY IN A LONG-RUN.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
1995
発行年月 [Issued Year / Month]
1996/04
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

矢島 正之

経済社会研究所経営グループ

キーワード [Keywords]
和文 英文
電力市場 POWER MARKET
市場自由化 DEREGNLATION
規制緩和
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.