財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y95014
タイトル
グループウェア導入のホワイトカラー業務へ与える影響
[Title]
EFFECT OF GROUPWARE ON OFFICE WORK
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
グループウェアの導入が,ホワイトカラー業務へ与える影響について,以下の二点を明らかにした。第一に,先進企業における活用形態として,既存メディアの代替からワークスタイルの変化に至るまで,六つのパターンが存在する。導入効果の評価は,有効性を重視しつつ効率性も含めて総合的に検討する必要がある。第二に,一人一台のPC専有という利用環境が,グループウェアの利用状況,更に利用による時間短縮効果評価へ大きく影響している。また,電子メールの利用による効果として,電話相手が捕まらない状況の減少が最も評価されているが,電話による業務中断の減少は評価されず,時間短縮効果評価には寄与していない。従って,コミュニケーションの性格や状況に応じて,電子メール,電話,ファクシミリ,face−to−faceなどのメディアを効果的に使い分ける各人の情報リテラシーを向上させるとともに,企業のコミュニケーション風土を変えていく必要もある。
[Abstract]
RECENT INVESTMENT IN INFORMATION SYSTEMS IN JAPANESE CORPORATIONS IS FOCUSING ON INTRODUCTION OF PCS,LANS AND GROUPWARE. BUSINESS PROCESS RE-ENGINEERING USING THESE NEW INFORMATION TECHNOLOGIES (ITS) IS ATTRACTING MORE INTEREST. THIS STUDY CLARIFIES THE EFFECT OF INTRODUCING GROUPWARE ON OFFICE WORKS. THE RESULTS ARE AS FOLLOWS: (1)GROUPWARE HAS TWO MAIN FOUNCTIONS: INFORMATION SHARING,AND ANALYSIS,COORDINATION AND INTEGRATION FUNCTIONS. THE USAGE OF GROUPWARE FORMED BY APPLYING THESE FUNCTIONS IN CORPORATIONS IN CLASSIFIED TO SIX CATEGORIES: SUBSTITUTION FOR USUAL MEDIA,SCHEDULE MANAGEMENT IN SAME SECTION,INFORMATION SHARING IN SAME SECTION,INFORMATION SHARING IN GEOGRAPHICALLY-SEPARATE SECTIONS,PROJECT MANAGEMENT IN GEOGRAPHICALLY-SEPARATE SECTIONS,AND CHANGING WORK STYLES. THE EFFECTS ON PRODUCTIVITY ARE DECREASED DOCUMENT VOLUME,IMPROVED QUALITY OF RESULTS,ETC. THEREFORE,THE EFFECT HAS TO BE MEASURED BY BOTH EFFICIENCY AND EFFECTIVENESS. (2) ANALYSIS OF A QUESTIONNAIRE TO GROUPWARE USERS IN ONE CORPORATION,CLARIFIED THE FOLLOWING TOW POINTS: PROVIDING ONE PC FOR EACH OFFICE WORKER IS THE MOST IMPORTANT FACTOR IN FREQUENT USE OF GROUPWARE AND EVALUATING THE EFFECT ON OFFICE WORK,THE IN EFFICIENCY OF TELEPHONE COMMUNICATION IS DECREASED BY E-MAIL. THIS IS EVALUATED AS THE MOST IMPORTANT EFFECT ON OFFICE WORK AND THE MOST IMPORTANT FACTOR IN SHORTENING WORK HOURS. HOWEVER,THE SITUATION IN WHICH WORK IS INTERRUPTED BY TELEPHONE IS NOT DECREASED SIGNIFICANTLY. THEREFORE,INFORMATION LITERACY WHERE EVERY OFFICE WORKER CAN USE E-MAIL,TELEPHONE,FACSIMILE AND FACE-TO-FACE COMMUNICATIONACCORDING TO THE SITUATION,AS WELL AS A REFORMED CORPORATE COMMUNICATION CULTURE ARE REQUIRED.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
1995
発行年月 [Issued Year / Month]
1996/05
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

馬場 健司

経済社会研究所社会システムグループ

キーワード [Keywords]
和文 英文
情報技術 INFORMATION TECHNOLOGIES
グループウェア GROUPWARE
ホワイトカラー OFFICE WORKER
生産性 PRODUCTIVITY
コミュニケーション COMMUNICATION
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.