財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y96005
タイトル
都市インフラストラクチャー整備のライフサイクル分析
[Title]
LIFE CYCLE ANALYSIS OF URBAN INFRASTRUCTURES
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
近年,発展途上国における急激な都市人工の増加に対応した,新たな都市インフラ整備に伴う膨大な資源投入,及び環境負荷の排出が及ぼす地球環境への影響が懸念されている。本研究では,都市インフラとして,電力供給設備,都市ガス供給設備,上水道設備,道路,建築物を取り上げ,関東地方におけるこれらのインフラ整備のライフサイクル(構築,維持,修繕,解体)において消費されている資源量,CO2排出量を分析し,環境調和型のインフラ整備のための重点ポイントを明らかにした。分析の結果,インフラ別では建築物による影響が大きく,資源別では,砂利・砕石,コンクリートの消費量,鉄,コンクリート,輸送用軽油のCO2排出量が多いこと,また設備別に見ると,都市ガス,上水道,道路では末端のネットワーク部分,電力設備では発電設備,建築物では共同・戸建て住宅,事務所の影響が多いこと,ライフサイクル別では構築の占める割合が高いこと等が明らかとなった。
[Abstract]
URBAN POPULATION IS INCREASING RAPIDLY WORLDWIDE, ESPECIALLY IN DEVELOPING COUNTRIES. AN URGENT NECESSITY FOR THESECOUNTRIES IS CONSTRUCTING URBAN INFRASTRUCTURES, SUPPORTING URBAN RESIDENTS. HOWEVER MATERIAL REQIREMENS AND CO2 EMISSIONS ACCOMPANYING CONSTRUCTION WILL BE HUGE. MOREOVER, INFRASTRUCTURES MUST BE MAINTAINED AND THEN SCRAPPED AT THE END OF THE SERVICE LIFE. THIS PAPER QUANTIFIES THEMATERIAL REQUIREMENTS AND CO2 EMISSIONS ACCOMPANYING EACH STEP IN THE LIFE CYCLE OF URBAN INFRASTRUCTURES TO INDICATE ESSENTIAL POINTS IN REDUCING CONSUMPTION OF MATERIALS AND CO2 EMISSIONS. THE RESULTS ARE AS FOLLOWS: 1. MATERIAL REQUIREMENTS PER CAPITA PER YEAR AMOUNT TO ABOUT 1200 KG FOR BUILDINGS, 560 KG FOR ROADS, 170 KG FOR GAS-SUPPLY SYSTEMS, 68KG FOR WATER SUPPLY SYSTEMS, AND 57 KG FOR ELECTRICITY SUPPLY SYSTEMS.GRAVEL, MACADAM, CONCRETE, AND STEEL ARE THE MAIN MATERIAL. 2. CARBON EMISSIONS PER CAPITA PER YEAR ARE ESTIMATED TO BE ABOUT 120 KG FOR BUILDINGS,13 KG FOR ROADS, 6.6 KG FOR ELECTRICITY SUPPLY SYSTEMS. 5.3 KG FOR GAS SUPPLY SYSTEMS, AND 4.4 KG FOR WATER SUPPLY SYSTEMS. MOST EMISSIONS ARE FROM STEEL, AND CONCRETE PRODUCTION, AND FROM LIGHT OIL USED FORTRANSPORT. 3. MATERIAL REQUIREMENTS AND CO2 EMISSIONS FOR DISTRIBUTIONNETWORKS ARE LARGER THAN THOSE FROM GAS AND WATER SUPPLY SYSTEMS AND FROM ROADS. POWER GENERATING PLANTS ACCOUNT FOR MOST MATERIAL CONSUMPTION AND CO2 EMISSIONS IN ELECTRICITY SUPPLY SYSTEMS. 4. MATERIAL CONSUMPTION AND CO2 EMISSIONS FOR CONSTRUCTION ARE LARGER THAN FOR MAINTAINING AND SCRAPPING INFRASTRUCTURES.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
1996
発行年月 [Issued Year / Month]
1997/05
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

田頭 直人

経済社会研究所

内山 洋司

経済社会研究所

キーワード [Keywords]
和文 英文
都市インフラストラクチャー URBAN INFRASTRUCTURE
ライフサイクル LIFE CYCLE
資源 RESOURCE
CO2排出 CO2 EMISSION
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.