財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y96006
タイトル
日本企業の海外進出に伴う貿易構造の変化−製造業についての実証分析−
[Title]
CHARGES IN TRADE STRUCTURE:IMPACTS OF OVERSEAS ADVANCE ON JAPANESE MANUFACTURES
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
近年の日本企業の海外進出と貿易構造の変化について調査分析し,海外進出の貿易構造に及ぼす影響を実証分析によって明らかにした。その主要な結果は次の通りである。(1)海外生産比率は,特に,アジア,北米地域での電機,輸送機械で伸びが顕著である。また,在アジアの現地法人は産業内貿易を活発化させている。貿易構造は地域別では東アジア,商品別では資本材のウエイトが急速に拡大している。(2)輸出および輸入のGDP弾性値は機械類ではともに1を上回っている。輸入のGDP弾性値は対アジアでは対北米の2倍の高さである。海外生産の影響については,特に対アジアの電機貿易において大きく,1990〜94年間ではその貿易黒字額の増分の79%が海外生産要因,27%が所得要因によるものである。現在までのところ,対アジアの電機貿易では海外生産の輸出誘発効果が大きく,日本企業のアジアへの進出は貿易黒字要因となっている。
[Abstract]
AFTER THE MID 1980S, THE STRONG YEN PROMOTEDOVERSEAS PRODUCTION BY JAPANESE FIRMS AND CHANGED THE JAPANESE TRADE STRUCTURE. THIS PAPER ANALYZES RECENT TRENDS IN OVERSEAS PRODUCTION, EXPORTS AND IMPORTS, AND THE IMPACTS OF OVERSEAS PRODUCTION ON THE TRADE STRUCTURE. THE MAIN RESULTS ARE SUMMARIZED AS FOLLOWS: 1. ANALYSIS OF OVERSEAS PRODUCTION AND TRADE STRUCTURE SHOWED:(1)THE RATIO OF JAPANESE MANUFACTURER S OVERSEAS PRODUCTION TO DOMESTIC PRODUCTION WAS 2.9% IN 1980, RISING TO 8.6% IN 1994. IN PARTICULAR,PRODUCTION OF ELECTRIC AND TRANSPORTATION MACHINERY IN ASIA AND NORTH AMERICA INCREASED REMARKABLY IN THIS PERIOD.(2)ACTIVE INTRA-INDUSTRY TRADE IS OBSERVED BETWEEN JAPAN AND AFFILIATED COMPANIES IN ASIA.(3)IN JAPANESE TRADE STRUCTURE, THE SHARE OF ASIAN COUNTRIES IS GROWING, AND THE LEADING EXPORTS ARE SHIFTINGFROM DURABLE GOODS TO CAPITAL GOODS. 2. ESTIMATION OF EXPORT AND IMPORT FUNCTIONS SHOWED THE FOLLOWING RESULTS:(1)INCOME(GDP)ELASTICITIES OF MACHINERY EXPORTS TO ASIA ARE LESS THAN HALF OF THOSE TO NORTH AMERICA,BUT EXCEED 1.0. THE INCOME ELASTICITIES OF MACHINERY IMPORTS FROM ASIAEXCEED 1.0, TWICE THOSE FROM NORTH AMERICA.(2)IN TERMS OF OVERSEAS PRODUCTION EFFECTS, SOME STRONG IMPACTS ARE OBSERVED IN PARTICULAR REGIOS AND SECTORS. FIRST, IN THE CASE OF MATERIALS AND ELECTRIC-MACHINERY EXPORTS TO ASIA AND GENERAL-MACHINERY EXPORTS TO NORTH AMERICA, THE ASSOCIATED EXPORTS EFFECTS ARE BIGGER THAN THE EXPORT-DISPLACEMENT EFFECTS. SECOND, IN THE CASE OF ELECTRIC MACHINERY IMPORTS FROM ASIA, THE RE-IMPORT EFFECT IS LARGE ENOUGH TO INCREASE JAPANESE IMPORTS OF THOSE GOODS. 3. FACTOR DECOMPOSITION ANALYSIS OF THE JAPANESE TRADE SURPLUS SHOWS THAT STRONG OVERSEAS PRODUCTION EFFECTS ARE OBSERVED IN THE ELECTRIC-MACHINERY TRADE BETWEEN JAPAN AND ASIAN COUTRIES. ACCORDING TO OUR CALCULATION, 79% OF THE TRADE SURPLUS IS DUE TO OVERSEAS PRODUCTION EFFECTS AND27% IS DUE TO INCOME EFFECTS.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
1996
発行年月 [Issued Year / Month]
1997/04
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

岩野 優子

経済社会研究所

服部 恒明

経済社会研究所

キーワード [Keywords]
和文 英文
海外直接投資 FOREIGN DIRECT INVESTMENT
海外生産 OVERSEAS PRODUCTION
輸出代替 EXPORT DISPLACEMENT
輸出誘発 ASSOSIATED EXPORTS
逆輸入 RE-IMPORTS
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.