財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y96008
タイトル
送電網へのエッセンシャル・ファシリティの法理の適用
[Title]
APPLICATION OF ESSENTIAL FACILITY DOCTRINE TO TRANSMISSION GRID
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
米国におけるエッセンシャル・ファシリティの法理の考え方について,電力会社の送電網へのアクセスに関してどのような形で適用されているかという点につき,裁判例をもとに整理した。その結果1)電力会社が保有する送電網は発電市場や小売り市場における競争にとって必要不可欠であり,代替物も存在しないので,エッセンシャル・ファシリティであると見ることができる。2)エッセンシャル・ファシリティの利用拒絶が違法であると判断されるのは,拒絶の目的が市場支配力の維持・拡大の意図を持っており,正当な理由がない場合に限定される。従って,送電線の容量に余裕がない場合,電力会社が利用している容量を削減したり,送電線の増設を行うことで,競争者のための容量を確保することはエッセンシャル・ファシリティの法理による義務の範囲外であるし,利用に際しての技術的要件を満たしていない場合なども利用を拒絶できる。ことが明らかになった。
[Abstract]
RECENTLY, COUNTRIES AIMING AT DEREGURATION OF THE ELECTRICITY SUPPLY INDUSTRY HAVE TENDED TO CHOOSE OPEN-ACCESS MODELS ALLOWING CUSTOMERS THE FREEDOM TO SELECT SUPPLIERS. HOWEVER THERE ARE MANY PROBLEMS TO SOLVE BEFORE JAPAN CAN ADOPT THESE MODELS. THE ESSENTIAL FACILITY DOCTRINE PLAYS AN IMPORTANT ROLE IN OPEN-ACCESS MODELS. ACCORDING TO THIS DOCTRINE, IF A FACILITY IS ESSENTIAL FOR MARKET COMPETITION AND IF IT IS NOT REASONABLE TO BUILD ANOTHER FACILITY, THE OWNEROF THE FACILITY MUST SHARE IT WITH COMPETITORS. THIS INVESTIGATES OPENACCESS TO THE TRANSMISSION GRID FROM THE VIEWPOINT OF THE ESSENTIAL FACILITY DOCTRINE, TAKING ACCOUNT OF DEBATES IN THE USA. THE RESULTS ARE:(1) THE TRANSMISSION GRID IS ESSENTIAL FOR GENERATION AND RETAIL-MARKET COMPETITION, AND GENERALLY, IT IS NOT ECONOMICALLY REASONABLE TO BUILD ANOTHER GRID. THUS, PURSUANT TO THE ESSENTIAL FACILITY DOCTRIE, THE TRANSMISSION GRID IS AN ESSENTIAL FACILITY. (2) GENERALLY, IT IS NECESSARY FOR UTILITIES OWING THE TRANSMISSION GRID TO SHARE IT WITH THIRD PARTIES. HOWEVER, IF THERE IS NOSPARE CAPACITY TO SHARE, OR IF UTILITIES CAN T RECOVER THEIR COSTS, THEY MAY NOT HAVE TO SHARE THE GRID.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
1996
発行年月 [Issued Year / Month]
1997/06
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

丸山 真弘

経済社会研究所経営グループ

キーワード [Keywords]
和文 英文
経済法 ANTITRUST LOW
オープン・アクセス OPEN ACCESS
エッセンシャル・ファシリティ ESSENTIAL FACILITY
米国 USA
日本 JAPAN
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.