財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y96011
タイトル
料金規制におけるヤードスティック方式−理論と我が国における適用事例の分析−
[Title]
ISSUES IN YARDSTIC REGULATION IN JAPANESE UTILITY INDUSTRIES -THEORY AND OVERVIEW OF APPLICATIONS-
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
95年に電気料金制度に導入されたヤードスティック方式は,対象事業者の同質性と結託の排除という前提条件が確保されれば,事業者に効率化インセンティブを付与する規制方式として現実的にも十分な有効性を持つと考えられる。しかし,事業者の同質性などは客観的にその程度を測るのが難しく,様々な補正措置が結果的に公平性を欠いたり,規制コストを上昇させるという問題がある。また,特に電気事業のヤードスティック方式は序数的評価に基づいて査定を行うが,この場合,不確実性が増大すると有効ではなくなること,事業者の効率化インセンティブが規制当局の裁量に左右されるという点に留意する必要がある。さらに電気事業者の場合,査定のスタンスは減額査定のみの「上位基準」であるが,平均より良い評価の事業者に報酬を与える「平均値基準」の査定でも,効率化インセンティブの大きさは同じで,事業者は一定の効率化努力を続けると考えられる。
[Abstract]
THE PURPOSE OF THIS PAPER IS TO DISCUSS THE ISSUES OF YARDSTICK REGULATION RECENTLY INTRODUCED IN THE ELECTRIC POWER INDUSTRY IN JAPAN. FOR YARDSTICK REGULATION TO BE EFFECTIVE AS AN INCENTIVE REGULATION, REGULATED FIRMS MUST BE HOMEGENOUS IN THEIR MANAGERIAL ENVIRONMENT AS SUGGESTED IN THE SHLEIFER MODEL. ALTHOUGH SUCH A CONDITION IS RECOGNIZED IN JAPAN,IT IS ALMOST IMPOSSIBLE TO OBJECTIVELY CALCULATE THE DEGREE OF HOMOGENEITY AND ANY RESULTING ADJUSTMENTS FOR HETEROGENEITY MAY BE INACCURATE. YARDSTICK REGULATION IN THE ELECTRIC POWERINDUSTRY USES AN ORDINAL EVALUATION SYSTEM IN WHICH PENALTY(OR REWARD)IS BASED ON EFFICIENCY RANKING, UNLIKE A CARDINAL EVALUATION SYSTEM WHICH REWARDS AND PENALIZES BASED ON THE DEGREE OF DEVIATION IN COST FROM A BENCHMARK,AS IN THE TRANSPORTATION INDUSTRIES.UNDER THE ORDINAL EVALUATION SYSTEM, FIRMS INCENTIVES ARE SUPPRESSED AS THE UNCERTAINTY OVER COST INCREASES, AND ARE DEPENDENT ON THE REGULATOR S ARBITRARY SETTINGOF REWARDS AND PENALTIES. IN THE ELECTRIC POWER INDUSTRY, THE REGULATOR ALSO ASSESSES THE FIRMSCOMPARED TO THE MOST EFFICIENT FIRM, PENALIZING ALL EXCEPT THE BEST(MOST EFFICIENT)ONE AND GIVING NO REWARDS. IN CONTRAST, TRANSPORTATION INDUSTRIES REWARD FIRMS WHOSE PERFORMANCE IS BETTER THAN AVERAGE. IN THEORY, ASSESSING THE FIRMS COMPARED TO THE BESTOR THEAVERAGE DOES NOT AFFECT THE FIRMS INCENTIVE;THEY WILL MAKE THE SAME LEVEL OF EFFORT FORCOST-REDUCTION.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
1996
発行年月 [Issued Year / Month]
1997/06
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

服部 徹

経済社会研究所

渡邉 尚史

経済社会研究所

キーワード [Keywords]
和文 英文
ヤードスティック方式 YARDSTICK REGULATION
電気事業 ELECTRIC POWER INDUSTRY
インセンティブ規制 INCENTIVE REGULATION
シュライファーモデル SHLEIFER MODEL
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.