財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y97001
タイトル
財政赤字の現状と政府債務の持続可能性
[Title]
CURRENT STATE OF JAPANESE GOVERNMENT DEFICITS AND SUSTAINABILITY OF PUBLIC DEBT
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
本報告は,財政赤字の現状を様々な視点から分析するとともに,現在約300兆円に達しようとする政府債務の持続可能性について実証分析を行ったものである。近年の財政赤字は,財政運営指標からみると,「財政の非常事態宣言」が出された82年当時よりも悪い状態にある。また,共和分分析から,戦後のわが国の財政運営の方法から,無限先の将来を仮定しても現存の債務を支払うことができないことを明らかにした。
[Abstract]
THE PURPOSE OF THIS REPORT IS TO SURVEY THE CURRENT STATE OF JAPANESE CENTRAL GOVERNMENT DEFICITS AND TO EXAMINE THE DEBT SUSTAINABILITY. THERE IS A MARKED INCREASE IN GOVERNMENT DEBT AND THE VALUE EXCEEDED 290 TRILLION YEN AT THE END OF FISCAL 1994. WE DEFINED THE SUSTAINABILITY OF DEBT AS AN INTERTEMPORAL BUDGET CONSTRAINT ON THE GOVERNMENT AND TESTED THE SUSTAINABILITY BY APPLYING AN ORIGINAL METHOD. AS A RESULT, WE FOUND THAT THE JAPANESE GOVERNMENT DEBT IS NOT SUSTAINABLE.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
1997
発行年月 [Issued Year / Month]
1997/06
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

加藤 久和

経済社会研究所

キーワード [Keywords]
和文 英文
政府債務 PUBLIC DEBT
財政赤字 GOVERNMENT DEFICITS
持続可能性 SUSTAINABILITY
共和分 COINTEGRATION
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.