財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y97004
タイトル
ピーク対応料金下における家庭用需要家の負荷調整行動の分析間接負荷制御実験データを用いた価格効果の測定
[Title]
CUSTOMER RESPONSE TO RESIDENTIAL PEAK-ACTIVATED PRICING -EVIDENCE FROM JAPANESE EXPERIMENT-
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)からの委託により九州電力が実施した間接負荷制御実験に参加した需要家の実験前と実験中の電力使用実態および世帯属性等に着目した分析から,均一料金(従量電灯契約)に比してピーク時間帯(夏季平日の13時から17時まで)料金を2倍,4倍に設定したピーク対応料金(間接負荷制御実験)の下では,電力消費量のピーク比率が有意に低下したことがわかった。さらにこの価格効果を定量化するために,電力需要関数を推定し,ピーク時間帯とオフピーク時間帯の電力需要間の代替弾力性を計測した。
[Abstract]
WE ATTEMPTED TO MEASURE THE EFFECTS OF PEAK-ACTIVATED-PRICING ON JAPANESE RESDENTIAL ELECTRICITY DEMAND FOR THE PEAK PERIOD CORRESPONDING TO THE DAILY SYSTEM PEAK IN SUMMER. A KEY ISSUE IS CUSTOMER RESPONSE TO PEAK-ACTIVATED PRICING DURING PEAK HOURS. WE INVESTIGATED DATA FROM A RESIDENTIAL PEAK-ACTIVATED PRICING EXPERIMENT INKYUSHU, WHICH PROVIDED CROSS-SECTIONAL DATA ON ELECTRICITY CONSUMPTIONDURING THE SUMMER OF 1996, APPLIANCE HOLDINGS, AND ECONOMIC/DEMOGRAPHIC FEATURES FOR BOTH TEST AND CONTROL GROUPS. THE RESULTS BASED ON AN ECONOMETRIC MODEL INDICATE THAT HOUSEHOLDS SHIFTED USAGE FROM PEAK TO OFF-PEAK PERIOD IN RESPONSE TO HIGH PRICES FOR ELECTRICITY DURING THE PEAKPERIOD. WE FOUND THAT CUSTOMER RESPONSE TO PEAK-ACTIVATED PRICING WAS MODEST IN TERMS OF THE PARTIAL ELASTICITY OF SUBSTITUTION BETWEEN PEAK AND OFF-PEAK ELECTRICITY USAGE.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
1997
発行年月 [Issued Year / Month]
1997/10
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

浅野 浩志

経済社会研究所

キーワード [Keywords]
和文 英文
デマンドサイド・マネジメント DEMAND-SIDE MANAGEMENT (DSM)
ピーク対応料金制 PEAK-ACTIVATED PRICING
ピークカット効果 LOAD LEVELING EFFECTS
需要関数 DEMAND FUNCTION
代替弾力性 ELASTICITY OF SUBSTITUTION
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.