財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y97009
タイトル
労働市場の環境変化と賃金・雇用への影響
[Title]
STRUCTURAL CHANGE OF LABOR MARKET AND IMPACTON WAGES AND EMPLOYMENT
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
バブル経済崩壊以降,経済グローバル化や技術革新の進展は労働市場の環境を大きく変化させており,今後は労働市場が流動化する可能性がある。本稿は転職者の賃金変化や失業確率にどのような要因が,どのように影響するかを分析した。その結果,転職は前職までに蓄積してきた人的資本の損失につながり,結果的に賃金を低下させ,失業確率を高めることがわかった。従来の日本的雇用慣行の下では,企業ごとに特殊的な人的資本の蓄積が重要であった。今後,労働市場が流動化し転職行動が活発化すれば,企業特殊的人的資本のロスに伴う経済的損失が発生することが考えられる。失業を未然に防ぐためにも職業能力の開発機会を充実するなどが望まれる。また,転職しても生涯稼得所得への影響を小さくするようなポータブルな退職金・年金の制度導入も望まれる。
[Abstract]
THE PRACTICE OF LONG-TERM EMPLOYMENT FOR REGULAR WORKERS HAS BEEN PREVALENT (PARTICULARLY FOR MEN) FOR THE LAST FEWDECADES IN JAPAN. THIS LONG-TERM GUARANTEED EMPLOYMENT AND JAPANESE FIRMS LARGELY SENIORITY-BASED WAGE PROFILES INFLUENCES FIRM-SPECIFIC SKILL DEVELOPMENT TRAINING AND THE MANDATORY RETIREMENT SYSTEM. HOWEVER, THE CURRENT PROLONGED POST-BUBBLE RECESSION, GLOBALIZATION, AND OTHER INNOVATIONS, MAY CHANGE THESE PRACTICES IN A VARIETY OF WAYS. THIS PAPER INVESTIGATED EMPIRICAL EVIDENCE OF TWO ASPECTS OF A FLEXIBLE LABOR MARKET: (I)HOW DO WAGES CHANGES AFTER TURNOVER? WHAT AFFECTS THE WAGE CHANGE? (II)HOW DOES FLEXIBILITY AFFECT UNEMPLOYMENT? THE MAJOR FINDINGS ARESUMMARIZED AS FOLLOWS: (1)THE EMPLOYMENT TREND SURVEY MODEL SHOWS THAT OLDER PEOPLE WITH LONG TENURE AND HIGH HUMAN CAPITAL, EXPERIENCED MORE WAGE DECREASES AFTER TURNOVER THAN YOUNGER PEOPLE. (2)EMPIRICAL ANALYSIS USING THE EMPLOYMENT STATUS SURVEY SHOWS THAT TENURE HAS A NEGATIVE EFFECT ON QUITTING, PARTICIPATION, AND TURNOVER BEHAVIOR, ALTHOUGH IT CONTROLS OTHER ATTRIBUTES SUCH AS AGE OR EDUCATION. (3)THESE FEATURESARE THOUGHT TO COME FROM ACCUMULATION OF HUMAN CAPITAL. LONG TENURE PROMOTES ACCUMULATION OF FIRM-SPECIFIC HUMAN CAPITAL, BUT IT IS NON-PRODUCTIVE IN OTHER FIRMS. THEREFORE, PERSONS WHO ACCUMULATE HIGH HUMAN CAPITAL MAY EXPERIENCE WAGE LOSS OR LONG UNEMPLOYMENT AFTER TURNOVER.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
1997
発行年月 [Issued Year / Month]
1998/04
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

阿部 正浩

経済社会研究所

キーワード [Keywords]
和文 英文
所得構造 INCOME STRUCTURE
転職前後の賃金変化 WAGE CHANGE AFTER TURNOVER
失業確率 UNEMPLOYMENT RATE
日本的雇用慣行 JAPANESE EMPLOYMENT SYSTEM
能力開発 SKILL DEVELOPMENT
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.