財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y97010
タイトル
家計消費支出の構造変化ライフサイクル効果と世代効果
[Title]
STRUCTURAL CHANGE IN CONSUMER BEHAVIOR -LIFECYCLE CHANGE AND INTERGENERATIONAL CHANGE-
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
本報告では,家計の消費行動変化を高齢社会が与える影響に焦点を当てながら概観する。消費構造の変化をライフサイクルと世代による選好変化という二つの効果に分解し,線形支出体系の消費者選好モデルを利用してパラメータのライフサイクル変化を定量的に捉えた。実証分析の結果,高齢者世帯は相対的に医療費・光熱費・娯楽費・通信費への支出傾向が強いこと,若い世代ほど通信費,光熱費,医療費への支出が高く,食品や衣料品への支出は減少することなどを明らかにした。
[Abstract]
CONSUMPTION, WHICH AMOUNTS TO ALMOST 60 % OFTOTAL GDP, HAS A GREAT INFLUENCE ON THE JAPANESE ECONOMY. AS POPULATION AGING OCCURS THE IMPORTANCE OF ANALYZING MOTIVES BEHIND CONSUMPTION BEHAVIOR, ESPECIALLY IN THE HOUSEHOLDS OF AGED PERSONS, IS BECOMING GREATER. THIS PAPER DESCRIBES THE MAIN VARIATIONS IN CONSUMER BEHAVIOR, FOCUSING ON THE IMPACT OF AN AGED SOCIETY. WE BROKE DOWN THE MAIN FACTOR IN THE STRUCTURAL CHANGE IN CONSUMPTION INTO HOUSEHOLD LIFE CYCLE PROFILE AND INTER-GENERATION DIFFERENCES IN HOUSEHOLD PREFERENCES. APPLYING LINEAR EXPENDITURE SYSTEMS (LES) SHOWS THAT HOUSEHOLD PREFERENCES CHANGEWITH LIFE CYCLE STAGE. AGED PERSONS SPEND A LOT ON MEDICAL EXPENDITURE, ENERGY, LEISURE AND COMMUNICATIONS. YOUNGER GENERATIONS SPEND LESS ONFOOD AND CLOTHES, AND MORE ON COMMUNICATIONS, ENERGY AND MEDICAL EXPENDITURE THAN OLDER GENERATIONS.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
1997
発行年月 [Issued Year / Month]
1998/04
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

若林 雅代

経済社会研究所

キーワード [Keywords]
和文 英文
消費構造 CONSUMPTION STRUCTURE
高齢社会 AGED SOCIETY
ライフサイクル LIFE CYCLE PROFILE
世代 INTER-GENERATION CHANGE IN PREFERENCE
主婦の労働参加 LABOR-PARTICIPATION BY HOUSEWIVES
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.