財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y97014
タイトル
日米電気事業の生産性総合評価技術効率性及びコスト効率性
[Title]
EVALUATION OF PRODUCTIVITY OF JAPANESE AND US ELECTRICITY UTILITIES -TECHNICAL AND COST EFFICIENCIES-
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
わが国電気事業者と米国の大手私営電気事業者をサンプルデータとし,その生産効率性及びコスト効率性の相対的な比較を行う。分析手法として生産ベース,コストベースのデータ包絡分析法(DataEnvelopmentAnalysis:DEA)を用いる。さらに,コスト効率性をいくつかの効率性概念に分解することにより,電気事業者間の効率性の違いがどこから生じているのかを分析する。
[Abstract]
THIS STUDY COMPARES PRODUCTION AND COST EFFICIENCIES BETWEEN JAPANESE AND US ELECTRICITY UTILITIES USING DATA ENVELOPMENT ANALYSIS (DEA) AS THE ANALYTICAL TOOL. SOURCES OF INEFFICIENCY WERE EXAMINED BY BREAKING DOWN THE COST EFFICIENCY INTO SEVERAL EFFICIENCY CONCEPTS.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
1997
発行年月 [Issued Year / Month]
1998/06
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

後藤 美香

経済社会研究所

筒井 美樹

経済社会研究所

キーワード [Keywords]
和文 英文
効率性 EFFICIENCY
DEA DEA
コスト COST
電気事業 ELECTRICITY UTILITIES
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.