財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y97017
タイトル
産業連関表を用いた我が国の生産活動に伴う環境負荷の実態分析
[Title]
ENVIRONMENTAL BURDENS ASSOCIATED PRODUCTION IN JAPAN USING INPUT-OUTPUT TABLE
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
地球温暖化や酸性雨などの環境問題が顕在化しつつある現在,我々の経済活動に伴う環境負荷を低減するための対策が講じられる必要がある。そのためには,まず,我々の生活において必要となる様々な財・サービスを生産する際に環境へ与える負荷を定量的に把握することが不可欠である。本研究では,生産活動の相互依存関係を表現している産業連関表を用いることで,財・サービスの生産に伴って誘発されるエネルギーおよびCO2,SOx,NOx排出量を推計しデータベースを構築している。その環境負荷データベースに基いて,我が国における環境負荷の発生構造に関して基礎的な知見を得ている。これらは環境負荷の低減対策効果に関する定量的な分析を可能にする。
[Abstract]
THIS PAPER DESCRIBES THE RESULTS OF ANALYSISOF ENVIRONMENTAL BURDENS ASSOCIATED WITH PRODUCTION IN JAPAN. THE ENERGY REQUIREMENTS AND CO2, SOX AND NOX EMISSIONS CAUSED BY MANUFACTURING COMMODITIES ARE ESTIMATED BY CONSIDERING THE COMPLEX INTER DEPENDENCE BETWEEN INDUSTRIES USING A INPUT-OUTPUT TABLE. A DATABASE AND BASIC KNOWLEDGE IN TERMS OF THESE ENVIRONMENTAL BURDENS WERE OBTAINED TO ANALYZE THE QUANTITATIVE EFFECTS OF VARIOUS MEASURES TO REDUCE CO2, SOX AND NOXEMISSIONS. (1) PRODUCTION OF A COMMODITY CAUSES A DIRECT ENVIRONMENTALBURDEN FROM THE SECTOR THAT PRODUCES IT AND INDIRECT ENVIRONMENTAL BURDENS FROM OTHER SECTORS. THE INDIRECT SHARE IS MORE THAN 50% FOR MORE THAN 90% OF 405 DIFFERENT COMMODITIES. IT IS CONCLUDED THAT THERE IS AN INTIMATE INTER -DEPENDENCE BETWEEN INDUSTRIES INTERMS OF ENVIRONMENTAL BURDENS. (2) REGARDING THE FOUR SELECTED ENVIRONMENTAL BURDENS, EMISSIONS FROM SECTOR RELATED TO MATERIAL PRODUCTION ARE DOMINANT. IN TERMS OFSOX AND NOX, EMISSIONS FROM THE TRANSPORT SECTORS AND MATERIALS PRODUCTION SECTOR ARE DOMINANT. NOX IS EMITTED MORE FROM THE TRANSPORT SECTORTHAN THE MATERIAL PRODUCTION SECTOR. (3) PRODUCTION OF COMMODITIES IN JAPAN CAUSE ENVIRONMENTAL BURDENS BOTH IN JAPAN AND OUTSIDE THE COUNTRY. FOR MOST COMMODITIES, CO2 EMISSIONS OUTSIDE JAPAN ACCOUNT FOR 10% TO 30% OF TOTAL EMISSIONS. ON THE OTHER HAND, MORE THAN 30% OF SOX AND NOXEMISSIONS ARE CAUSED OUTSIDE JAPAN FOR 50% OF 405 DIFFERENT COMMDITIES. CONSEQUENTLY, THE AMOUNT OF EMISSIONS ESTIMATED FROM DOMESTIC PRODUCTION MAY BE VERY DIFFERENT FROM THAT BEASED ON FINAL DEMANDS INSIDE THE COUNTRY.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
1997
発行年月 [Issued Year / Month]
1998/07
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

本藤 祐樹

経済社会研究所

内山 洋司

経済社会研究所

外岡 豊

埼玉大学

キーワード [Keywords]
和文 英文
エネルギー ENERGY
二酸化炭素 CARBON DIOXIDE
硫黄酸化物 SULFUR DIOXIDE
窒素酸化物 NITROGEN DIOXIDE
産業連関表 INPUT-OUTPUT TABLE
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.