財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y97019
タイトル
ノーダルプライスに基づく送電料金のシミュレーション分析
[Title]
SIMULATION ANALYSIS OF TRANSMISSION PRICE BASED ON NODAL PRICING
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
本報告では,ノーダルプライスに基づく送電料金方式による地点間託送の送電料金設定の適用可能性を検討した。混雑を解消し系統全体の社会厚生が最大となるような各地点のノーダルプライスは,発電・送電に関わる費用と系統内に発生する機会費用を反映した短期限界費用に基づいて価格付られる。地点間のノーダルプライス格差を用いて,電力託送に対する送電料金(託送料金)を求めることができる。シミュレーション分析により(1)主に混雑が発生する送電線と直結するノード間の託送料金が系統内で最も高くなり,混雑が悪化するほどノーダルプライス格差が拡大し,託送料金は高騰すること。(2)ネットワークの外部性により混雑による影響は,系統全体に及ぶこと。(3)効率的な短期運用を達成するために,ノーダルプライスを適用することが出来る。ただし,送電線所有者が故意に送電容量制約を厳しく設定し混雑が頻繁に発生すること,市場価格が不安定になり,新規参入者へのインセンティブを阻害されることなどが示された。
[Abstract]
THIS REPORT PRESENTS A SIMULATION STUDY ON THE TRANSMISSION PRICE METHOD BASED ON NODAL PRICING, WHICH IS THEORETICALLY EXPECTED TO BE AN EFFECTIVE SCHEME FOR ACHIEVING EFFICIENT OPERATION OF POWER SYSTEMS. THE NODAL PRICE AT EACH NODE IS CALCULATED AS A SHORT-TERM MARGINAL COST REFLECTED BY THE GENERATION AND TRANSMISSION COST AND THE OPPORTUNITY COST RELATED TO CONGESTION OF THE TRANSMISSION NETWORK AT THE SUPPLY-DEMAND BALANCE, MAXIMIZING A SOCIAL WELFARE (CUSTOMER S BENEFIT MINUS POWER GENERATION COST) IN THE ENTIRE SYSTEM. THE TRANSMISSION PRICE (WHEELING CHARGE) CAN BE OBTAINED BY USING THE NODAL PRICE DIFFERENCE BETWEEN THE POINTS OF THE ELECTRIC POWER WHEELING. FEASIBILITY OF TRANSMISSION PRICING BASED ON NODAL PRICE IS DEMONSTRATED NUMERICALLY THROUGH SIMULATION STUDIES USING A 6-BUS TEST SYSTEM. THE FOLLOWING FINDINGS ARE OBTAINED: 1) WHEN CONGESTION OCCURRS IN THE NETWORK,THE AMOUNT OF THE DEMAND AND SUPPLY OF NODES CONNECTED DIRECTLY WITH CONGESTED TRANSMISSION LINE IS REDUCED. AS A RESULT OF DEMAND AND SUPPLYADJUSTMENT OF THESE NODE, NODAL PRICE OF THESE NODES INCREASE SIGNIFICANTLY, AND THE PRICE OF WHEELING BETWEEN THESE NODES RISES MOST IN THE SYSTEM. 2) AS RESULT OF THE NETWORK EXTERNALITY, TRANSMISSION PRICE BETWEEN NODES THAT DO NOT CONNECT DIRECTLY THE CONGESTED TRANSMISSION LINEALSO VARIES. 3) NODAL PRICING CAN BE APPLIED TO ACHIEVE THE EFFICIENT SHORT-TERM OPERATION. WHEN THE STRICT CONSTRAINT OF TRANSMISSION LINE IS ACTIVATED BY THE NETWORK OPERATOR INTENTIONALLY, THE INCENTIVE FOR NEW ENTRY OF BOTTOM OF PAGE 2
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
1997
発行年月 [Issued Year / Month]
1998/11
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

岡田 健司

経済社会研究所

浅野 浩志

経済社会研究所

キーワード [Keywords]
和文 英文
電力託送 ELECTRICITY WHEELING
送電料金 TRANSMISSION PRICING
短期限界費用 SHORT-RUN MARGINAL COST
ノーダルプライス NODAL PRICE
混雑管理 CONGESTION MANAGEMENT
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.