財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y98001
タイトル
21世紀に向けた日本経済の課題−経済社会・エネルギーの中期展望’98を踏まえて−
[Title]
OUTLOOKS AND PROBLEMS IN JAPANESE ECONOMY TOWARD THE 21ST CENTURY
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
日本経済は高齢化,情報化,財政構造改革など構造的な諸問題に直面している。当所の中期経済予測システム98年を使った展望結果によれば,2010年までの経済成長率は平均1.6%と予測される。展望結果から摘出した主な政策課題は以下の通りである。(1)大幅な需要不足に対しては,今後4〜5年間に総額40〜50兆円の追加的財政支出が必要である。(2)高齢化による経済成長率の低下に対しては,女性や高齢者の活用のほか,技術進歩を促進するための研究開発や人的資本の充実などが望まれる。(3)産業空洞化に対しては,国際競争力の確保が重要である。(4)CO2排出量が増加するため,エネルギー需要を抑制するためのエネルギー税制の見直しや技術開発などが望まれる。(5)負荷率の悪化に対しては,負荷平準化対策を強化する必要がある。(6)地域間の経済格差を是正するため,各地域に民間投資を誘導すると共に,社会資本ストックの利用度を高める必要がある。
[Abstract]
IN ADDITION TO MANY DRASTIC STRUCTURAL CHANGES,SUCH AS AN AGING POPULATION,GLOBALIZATION,AND INFORMATION RENOVATION,JAPAN IS FACING MANY AFTER PROBLEMS SUCH AS GOVERMENT BUDGET REFORM. THIS REPORT DESCRIBES SEVERAL PROBLEMS USING THE RESULTS OF OUR MEDIUM-TERM ECONOMIC FORECASTING SYSTEM 1998 ECONOMETRIC MODEL. USING THIS MODEL,THE AVERAGE ECONOMIC GROWTH RATE IS FORECAST AS 1.6% IN THE NEXT DECADE. TO AVOID AN ECONOMY IN DEMAND SHORTAGE,AN ADDITIONAL 40 TO 50 TRILLION YEN OF GOVERMENT EXPENDITURE IS NECESSARY. A FULL-SCALE BUDGET REFORM MUST BE EXECUTED AFTER THE RECESSION. AN AGED SOCIETY BRINGS SUPPLY CONSTRAINTS,SUCH AS DECREASE IN LABOR,AND LOW SAVING RATE. TECHNOLOGY DEVELOPMENT AND INVESTMENT IN HUMAN CAPITAL ARE POLICIES CORRESPONDING TO SUPPLY CONSTRAINTS. THE OUTLOOK FOR INDUSTRY SHOWS THAT THE PRODUCTION SHARE OF ELECTRICAL MACHINERY INDUSTRY WILL EXPAND,AND INFORMATION TECHNOLOGY WILL LEAD THE JAPANESE ECONOMY. THE OUTLOOK FOR ENERGY SHOWS THAT HOLDING CO2 EMISSIONS TO THE 1990 LEVEL,TECHNOLOGY INNOVATION AND IMPROVED CUSTOMER BEHAVIOR ARE REQUIRED. THE GROWTH RATE OF ELECTRICITY DEMAND WILL EXCEED THE GROWTH RATE OF TOTAL ENERGY DEMAND. THE OUTLOOK FOR REGIONS SHOWS THAT PRIVATE INVESTMENT IN EACH REGION WILL EASE EXPANDING REGIONAL DISPARITY. IT SEEMS THAT DIFFERENT UTILIZATION OF PUBLICCAPITAL IN EACH REGION CAUSES A DISPARITY IN PUBLIC INVESTMENT MULTIPLIER.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
1998
発行年月 [Issued Year / Month]
1998/07
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

服部 恒明

経済社会研究所

大河原 透

経済社会研究所

加藤 久和

経済社会研究所

人見 和美

経済社会研究所

永田 豊

経済社会研究所

若林 雅代

経済社会研究所

山野 紀彦

経済社会研究所

キーワード [Keywords]
和文 英文
2010年の経済展望 ECONOMIC OUTLOOK FOR THE YEAR 2010
高齢化社会 AGING SOCIETY
財政構造改革 FISCAL REFORM
CO2排出量 CO2 EMISSION
電力シフト ELECTRIFICATION
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.