財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y98002
タイトル
自動車買替サイクルの長期化が国内経済に与える影響についてマクロ経済・産業連関モデルによる評価
[Title]
HOW EXTENDING MOTOR VEHICLE S REPLACEMENT CYCLE AFFECTS JAPANESE ECONOMY? -AN IMPACT ASSESSMENT USING MACROECONOMETRIC AND INPUT-OUTPUT SIMULATIONS-
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
国内産業の成長をリードし続けてきた自動車産業を取り巻く環境は大きな変貌を遂げている。国内自動車市場の成熟化はその顕著な例であり,自動車普及率が既に高水準に達していることや将来人口の減少が予想されることなどからこれまでのような新規需要の大きな伸びは期待できず,今後は買替需要が国内需要の主要な柱となるだろう。本稿では電中研マクロ経済・産業連関モデルを用いて,自動車の買替サイクルが一年伸びることによる買替需要の減少とその経済的影響を試算する。買替サイクルの一年長期化は,乗用車の買替需要を7.8%,トラックの買替需要を18.9%減少させ,国内産業の生産を付加価値ベースで2.6兆円減少させる。産業別では自動車産業は3810億円,卸・小売産業が6660億円の付加価値額を減少させ,電力では470億円の付加価値が減少する。90年以来成長率が鈍化している現状と考え合わせると,この影響は大きい。
[Abstract]
THE MOTOR VEHICLE INDUSTRY, WHICH HAS INSPIRED DOMESTIC PRODUCTION ACTIVITIES SINCE THE 1960=S, IS COMING UP AGAINST INEVITABLE CHANGES. ONE OF THE TYPICAL PHENOMENA IS THAT THE DOMESTICMOTOR VEHICLE MARKET IS GETTING RIPE. SINCE ALMOST 80 PERCENT OF HOUSEHOLDS IN OUR COUNTRY ALREADY HAVE AT LEAST ONE MOTOR VEHICLE AND THE POPULATION IS GOING TO REDUCE, IT ISN=T EXPECTED THAT THE NEWLY CAR DEMAND WILL INCREASE RAPIDLY AS IT DID BEFORE THE END OF 1980 S. IT IS STRONGLY PREDICTED THAT PURCHASE OF CARS MOTIVATED MAINLY FOR REPLACEMENT ISGOING TO TAKE A LEADING PART OF DOMESTIC SALES. IN THIS PAPER, WE CALCULATE THE IMPACTS OF EXTENDING MOTOR VEHICLE=S REPLACEMENT CYCLES, AS ONE ASPECT OF MATURATION OF THE DOMESTIC MOTOR VEHICLE MARKET, ON JAPANESE ECONOMY. REDUCTION OF NEW CAR DEMANDS AFFECTS PRODUCTION NOT ONLY INTHE MOTOR VEHICLE INDUSTRY, BUT ALSO IN THE VARIOUS INDUSTRIES. IT IS BECAUSE MOTOR VEHICLES ARE MANUFACTURED GOODS THOSE NEED MANY STEP OF PRODUCTION BY THE TIME OF PURCHASE. USING CRIEPI=S MACROECONOMETRIC AND INPUT-OUTPUT MODELS, WE CLARIFIED THAT RETRENCHMENT OF CAR REPLACEMENT WOULD DECREASE 2.6 TRILLION YEN OF TOTAL INDUSTRY OUTPUT IN 1990 CONSTANT PRICE VALUE ADDED TERMS. THE LOSS OF OUTPUT IN THE MOTOR VEHICLE INDUSTRY WOULD BE 381 BILLION YEN, AND IN THE RETAIL AND WHOLESALE SECTOR IT WOULD AMOUNT TO 666 BILLION YEN. ALSO, ELECTRIC POWER INDUSTRY WOULDLOSE 47 BILLION YEN S TAKINGS. CONSIDERING LOW ECONOMIC GROWTH SINCE 1990, THIS IMPACT COULD HAVE A GREAT INFLUENCE ON OUR PROSPECTIVE GROWING PROCESS.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
1998
発行年月 [Issued Year / Month]
1999/01
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

若林 雅代

経済社会研究所

キーワード [Keywords]
和文 英文
自動車産業 MOTOR VEHICLE INDUSTRY
国内自動車市場の成熟化 MATURATION OF THE DOMESTIC MOTOR VEHICLE MARKET
産業連関分析 INPUT OUTPUT ANALYSIS
産業空洞化 HOLLOWING-OUT OF INDUSTRY
長期経済展望 LONG-TERM ECONOMIC OUTLOOK
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.