財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y98005
タイトル
原子力発電所の社会的受容に及ぼすコミュニケーションの効果
[Title]
Effects of Risk Communication on Public Acceptance of Nuclear Power Plants]
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
一般の人々は、原子力発電所の安全性について不安を抱いており、原子力発電所に関するコミュニケーションのあり方の検討は、緊急の課題となっている。本研究では、心理学の実験手法を用いて、原子力発電所の安全性に関するコミュニケーションの効果を、心理学的に検証した。大学生を被験者とする心理学実験を行った結果、専門家による原子力発電の安全性に関する情報提供および質疑応答、グループ討論などによるコミュニケーションは、被験者の原子力発電所に対する態度を、全体としてポジティブな方向に変化させたことが確認された。しかしこの効果は、約1ヶ月後にはある程度減衰してしまうことも示された。また、コミュニケーションの内容が分かり易いと感じたり、コミュニケーションの内容に関心が持てた場合には、原子力発電所に対してポジティブな方向に態度が変化し易くなることが明らかにされるとともに、原子力発電に対する先入観や固定観念が、態度変化への抵抗として機能することが示唆された。
[Abstract]
A discrepancy is observed between the general public's subjective risk perception of nuclear power plants and objective risk. The purpose of this study was to find the effects of risk communication on public acceptance of nuclear power plants by using psychological approach. By means of before-after design method, a psychologicalexperiment was carried out in 1998 in Tokyo with 164 subjects chosen from male and female university students. The result showed that the risk communication influenced subject's attitude and produced a positive attitude towards nuclear power plants. It was also found, however, that the foregoing effect was temporary and their risk perception and trust in enterprise were recovered in some degree within a month.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
1998
発行年月 [Issued Year / Month]
1999/03
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

田中 豊

経済社会研究所

キーワード [Keywords]
和文 英文
リスク・コミュニケーション Risk Communication
社会的受容 Public Acceptance
リスク認知 Risk Perception
原子力発電所 Nuclear Power Plants
心理学実験 Psychological experiment
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.