財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y98007
タイトル
わが国電気事業の効率性の計測及び部門別分解 -動学的データ包絡分析の応用-
[Title]
Evaluation and Decomposition of Efficiency on the Japanese Electric Utilities: Application of Dynamic Data Envelopment Analysis Model
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
本稿では、動学的データ包絡分析法(Dynamic Data Envelopment Analysis: Dynamic DEA)モデルを用いることにより、わが国における電気事業の相対的な効率性計測と比較分析を行ない、その特徴点を部門別の投入要素及び投資別に明らかにする。具体的には、従来の静学的DEAモデルを企業の多期間最適化行動を仮定した動的計画問題として改良定式化し、わが国電力産業の効率性を計測した。その結果、非効率の原因は動学的側面にあり、静学的すなわち可変要素については非効率性が見出されなかった。また、従来の静学的なDEAモデルによる計測において配分の非効率性が過大に計測されていた可能性が存在することを指摘する。
[Abstract]
This article investigates relative efficiencies of the Japanese electric power companies and clarifies some important features on the efficiencies, by each input factor and each investment in different sectors. Using a newly developed Dynamic Data Envelopment Analysis (Dynamic DEA) model, specifically, this study formulates the new dynamic DEA model as the dynamic planning problem with the assumption of the multi-period optimization behavior of the firms. The results show that the dynamic inefficiency contributes significantly to the overall cost inefficiency and the allocative inefficiency is overstated in the conventional (static) DEA model compared with that from the dynamic DEA model.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
1998
発行年月 [Issued Year / Month]
1999/04
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

後藤 美香

経済社会研究所

根本二郎

名古屋大学 経済学部

キーワード [Keywords]
和文 英文
生産効率性 Productive Efficiency
コスト効率性 Cost Efficiency
電気事業 Electric Power Industry
包絡分析法 DEA
Malmquist Index Malmquist Index
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.