財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y98009
タイトル
中国省別エネルギー・大気汚染物質排出モデル
[Title]
China Provincial Energy and Emissions Model (CPE model)
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
中国省別エネルギー・排出モデル(CPE)を開発した。これは線形最適化モデルであり、目的関数はエネルギーシステムコストである。同モデルは1990年から2030年を計画期間とし、中国について、エネルギー生産・輸出入・国内輸送、エネルギー転換、エネルギー消費まで、エネルギーバランスを省ごとに計算する。また硫黄排出削減技術が内生化されており、SOX排出が計算される。同モデルのテストを兼ねて日本アナログシナリオについて試算した。同シナリオでは、今後中国が高度経済成長を継続し、大規模な石油・ガス利用を行うことを想定した。同シナリオでは地域的特性を考慮したエネルギー需給構造変化、硫黄削減政策本格化のタイミング、などが分析されている。中国の硫黄排出抑制政策が、高度経済成長のもとで各省の発展水準に合わせて順調に全土に拡大すれば、富裕な沿海諸省から徐々に抑制されていくと期待される。
[Abstract]
The present paper provides the description of China Provincial Energy and Emissions (CPE) model and its first-run results. CPE model is a computational tool to analyze China痴 perspective on energy, CO2 and acidification substance emissions up to 2030, taking regional characteristics and geographical distribution at provincial level into account. The 遷apan analog scenario has been developed as the first run of CPE. The scenario assumes that each province in China follows roughly the same historic path of energy demand structure as Japan took in past at corresponding development stage, i.e. massive shift from coal to oil in all sectors on one hand, and increasing efficiency on the other hand. The major findings are as follows: 1) China痴 energy consumption and CO2 emissions are going to be as much as those in today痴 OECD countries in total by 2030 if she takes roughly the same path as Japan did. 2) If China does not take an appropriate sulfur policy the SOx emissions from high-sulfur residual oil, besides those from coal which are already of concern, would cause severe local air pollution in the same way as Japan experienced. 3) If sulfur control policies, such as those already being introduced in Beijing and Shanghai, are successfully implemented in China痴 remaining provinces as they economically develop, her total sulfur emissions as well will be managed being led by coastal wealthy provinces.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
1998
発行年月 [Issued Year / Month]
1999/05
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

杉山 大志

経済社会研究所

キーワード [Keywords]
和文 英文
中国 China
酸性化 Acidification
エネルギー需給 Energy Supply and Demand
硫黄酸化物 Sulfur Oxides
二酸化炭素 Carbon Dioxide
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.