財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y98010
タイトル
競争導入下の電力政策
[Title]
Electricity Policies harmonizing the introduction of competition with environment protection and energy security
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
本稿は、主として環境保全および供給保障の確保の観点から市場自由化モデルの選定にさいして、政策決定者が考慮しなくてはならない点を明らかにするとともに、競争導入下における総合的電力政策のあり方を示したものである。検討の結果、自由化政策と環境政策との間に基本的な矛盾はないものの、一次エネルギーの自給率や原子力開発オプションの有無は、その国のエネルギー・セキュリティ確保のあり方や自由化モデルの選定に大きな影響を及ぼすことが明らかになった。
[Abstract]
This sudy analyzes constraints and assumptions which decisionmakers may have to consider when achieving the desired level of security of supply and the protection of the environment. Concerning environment, most of the countries have adapted their environmental policy to the reform model. Fundamentally, liberalization and environmental policies can be harmonized and do not necessarily bear contradiction. One of the central role in the discussion concerning security of supply can be attributed to the endowment with primary energy and the attitude towards nuclear energy. Quantative analysis suggests that fuel import dependence is most decisive for explaining liberalization policies. Countries like Norway, Australia, the UK, and New Zealand are most independent from fuel imports in the overall view and liberalized furthest. Japan and France ,on the other extreme, least reliant on domestic fuels and exhibited cautiousness for the reform.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
1998
発行年月 [Issued Year / Month]
1999/05
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

矢島 正之

経済社会研究所

キーワード [Keywords]
和文 英文
規制緩和 Deregulation
電力市場 Electricity Market
電力政策 Electricity Policy
供給保証 Supply Security
自由化 Liberalization
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.