財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y98012
タイトル
科学技術のリスク認知・態度に対する情報環境の影響 -一般と専門家、専門家間の比較-
[Title]
How Does Information Environment Influence Cognition and Attitude about Science and Technology? :Comparison Between Public and Experts, within Experts
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
科学技術の具体的なトピック(ダイオキシン、バイオテクノロジー、原子力発電)に関するリスク認知や態度と情報環境との関係について、一般(首都圏・地方都市圏)と専門家(大学教員、電中研職員)を対象に質問紙調査を行い、比較分析した。どのトピックについても専門家より一般の方がより危険だと評価する傾向があり、これは判断に用いる情報内容や科学技術に対するコントロール感などに起因している。また、電中研職員は、研究職だけでなく事務職も大学教員より原子力発電を安全視しており、専門的な能力よりも情報環境が危険性評価に影響を持つことが明らかになった。さらに、専門家は一般との違いを強く感じる傾向があること、科学技術に対するイメージや情報内容について一般と専門家には認識の違いがあることがわかった。これらの結果から、専門家が様々な人との対話を通じて、一般の人々の考えや情報ニーズについて知ることが重要であることを示した。
[Abstract]
In this paper, we show relations between information environment and cognition about special topics of science & technology(dioxin, bio-technology, nuclear power generation) and discrepancy in cognition between public and experts. We investigated that how people got information about topics and evaluated their risks. Public and experts (of Academia and Central Research Institute of Electric Power Industry) participated in this questionnaire survey. We found differences between public and experts in resources and contents of the most useful information, risk perception, and inferences of others’ perceptions. Experts tended to overestimate differences in view of topics between public and experts more than public. Public evaluated risks of these topics greater than experts, especially of nuclear power generation. These findings are caused by contents of information and subjective controllability of science and technology. Experts of academia also evaluated nuclear power generation more dangerous than experts of research institute. This implies strong influence of information environment. We also found that information given by experts was different from what public want to get, because they have no image about topics by mutual content. We suggest that, for enhancing smooth communication between public and experts about science and technology, experts are necessary to communicate continually with people who have variety background and to know how particular their information environments are and what kind of information public really need.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
1998
発行年月 [Issued Year / Month]
1999/06
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

小杉 素子

経済社会研究所

土屋 智子

経済社会研究所

キーワード [Keywords]
和文 英文
情報環境 Information Environment
リスク認知 Risk Perception
対人コミュニケーション Interpersonal Communication
質問紙調査 Questionnaire Survey
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.