財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y98022
タイトル
自家発保有者の卸供給力評価モデルの開発
[Title]
Development of Optimal Capacity and Operation analyzing model for Self-Generators
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
電力供給側の多様な価格設定の下で需要家設置エネルギーシステムの最適な容量やシステム運用を簡単に求めるモデルを開発した。開発したモデルを用いて産業および業務部門のモデル需要家を対象に売買電価格設定が最適機器規模および運用に与える影響を分析し,以下の成果を得た。(1)現行の入札制度の発電機運用を前提とした場合、モデル機械工場における売電用ガスタービンの最適容量は電力需要の64%(3MW×3台)程度となる。また、ガスタービン価格の低減に対する感応度は、需要家のエネルギー需要とバランスのとりやすいミドル運用において最も感応的である。(2)売電用発電機の運用に制約を与えず、自家発設置者による売電価格を買電価格の80%とした場合、均一料金制下では売電用発電機の運用はベース運用となる。また、売買電価格に時間帯別料金制を適用した場合,昼夜間料金比が2程度を超えると売電用発電機の運用はベース運用からピーク運用に変化する。(3)売買電価格比率が大きく1に近い場合には放熱器容量が大きくなる。この結果、増設発電機の排熱の熱廃棄が大きくなり、熱を含めた省エネルギーにつながらない恐れがある。
[Abstract]
According to the government survey, many small size(under 50MW) self-generators consider to enter the wholesale market under more liberalized conditions. The objective of our study is to develop optimal simulation model for analyzing the potential capability of non-utility generators' power. In this report , we evaluate additional capacity for power supply and using a model industrial customer and office building with self-generation by a mixed-integer programming model. The simulation indicates the following results :1) As a standard case, we assume three kinds of operation patterns (base, middle and peak operation) according to the current bidding rule in Japan. Additional capacity for wholesale is approximately 64 %(3 units of 3 MW gas turbine generator) of the peak electricity demand under the current energy cost in a model industrial customer and 107% (4 units of 595kW gas turbine generator ) in office building. Utilization rate of generator does not affect the additional capacity for wholesale under the standard gas turbine generators cost(US$1800/kW).2) In the case without operation constraint given under the current bidding rule(that means free market) , optimal operation pattern for wholesale is base operation under flat rate. Optimal operation pattern changed from base operation to peak operation as the Time Of Use (TOU) rate becomes larger than two. This peak operation pattern with a TOU purchased power price is desirable both for system load leveling and economics of self-generation.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
1998
発行年月 [Issued Year / Month]
1999/07
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

今村 栄一

経済社会研究所

浅野 浩志

経済社会研究所

キーワード [Keywords]
和文 英文
自家用発電設備 Self Power Generation
混合整数計画 Mixed Integer Programming
コージェネレーション Co-generation System
規制緩和 Deregulation
料金制度 Electricity Rate
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.