財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y98023
タイトル
多地域型世界エネルギーモデルによるバイオエネルギー供給可能量の評価
[Title]
Estimation of regional Bioenergy Supply Potential Using a Global Land Use and Energy Model
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
世界2地域モデルは、バイオエネルギー供給可能量の世界的な傾向の把握に適しているが、反面、地域的な現象を十分には把握出来ない。このため、世界2地域モデルを補い、地域別のバイオエネルギー供給可能量を評価するため、世界11地域のモデルを開発し、データを整備し、シミュレーション分析を行った。主な結果を以下に示す。(1) リファレンス・ケースでは、余剰耕地で生産されるエネルギー作物は、北米、西欧、オセアニア、ラテンアメリカ、旧ソ連東欧で生産可能である。ただし、世界のエネルギー作物供給可能量は、食料需給のパラメータに対して変動が大きく、例えば計画経済圏アジアの動物性食料需要を欧米レベルに増加させたケースではゼロになる。(2) バイオマス残さからの究極エネルギー供給可能量は、産業用丸太と穀物の生産・輸出の大きい北米、穀物の生産・輸出の大きいラテンアメリカ、穀物の生産・消費の大きい計画経済圏アジアと南アジアで大きい。(3) リファレンス・ケースでは、将来の木材需要の増加により、計画経済圏アジア、中東・北アフリカ、南アジアでは、2100年までに成熟林はほぼ消滅し、追加的な木材輸入が必要になる。世界の成熟林面積は2100年までに約30%減少する。
[Abstract]
Global bioenergy potential in the future is estimated using a multi-regional global land use and energy model (GLUE-11). The model consists of two sectors (a food sector and a forest sector) and describes land use competition among various uses for biomass applications such as paper, timber, food, feed, and energy. The model covers a wide range of biomass flow including food chains from feed to meat, paper recycling, and discharge of biomass residues. The model calculates the bioenergy potential from 1961 to 1990 based on the past records; and calculates that from 1990 to 2100 based on future biomass supply and demand scenarios. Through a set of simulations, the following results were obtained. (1) There will be a potential of energy crop production from surplus arable land in North America, Western Europe, Oceania, Latin America, and Former USSR and Eastern Europe. However, the potential of energy will be strongly affected by food demand parameters in the future, such as animal food demand per capita. (2) Ultimate energy potential of biomass residues will increase from 85 EJ/year to 258 EJ/year in 2100 globally. The potential will be robust to food demand. There will be large energy potentials of biomass residues in North America, Centrally Planned Asia, Latin America, and South Asia that will be major biomass consumers or major biomass exporters. Wood harvesting residues, wood scrap, cereal harvesting residues, and animal dung will be the biomass residues with large energy potentials.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
1998
発行年月 [Issued Year / Month]
1999/07
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

山本 博巳

経済社会研究所

藤野純一

東大

山地 憲治

東大

キーワード [Keywords]
和文 英文
バイオマス・エネルギー biomass energy
世界エネルギー・モデル global energy model
地球温暖化 global warming
土地利用競合 land use competition
バイオマス利用技術 biomass utilization technologies
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.