財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y99002
タイトル
公的年金制度の課題と改革の方向性
[Title]
The Problems and Concepts for Reformation of Japanese Public Pension System
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
公的年金の動向は、民間貯蓄や政府の財政赤字などを通じて、経済成長や電力需要等にも直接・間接的な影響を及ぼしている。したがって、わが国経済の長期展望を行う場合に、公的年金のあり方を検討する作業は欠かせないものである。また、高齢化の急速な進展は、現役世代に対して年金保険料の一層の負担を迫るなど、公的年金制度に内在する様々な問題も顕在化しつつある。そこで、長期展望の一環として、公的年金制度の動向や長期的な改革の方向性の検討を行うこととした。 本研究では、最初に高齢化の進展がいかに年金制度を揺るがしつつあるかという点を、現行制度の枠組みを前提として検証を行う。次いで、今年度予定されている厚生年金法改正を視野に入れ、制度改正と世代間の負担と給付の公平性との関係について、「世代会計」の手法を用いて分析を行う。さらに、長期的視点から公的年金制度のあるべき姿を検討し、最近盛んな年金民営化などの議論の評価を行う。
[Abstract]
The purpose of this paper is to analyze impacts of aging to Japanese public pension system and to discuss some concepts for reformation from a view point of long-term stability of the system. In First section, we show that it will be difficult to maintain an existing amount of the Welfare Pension funds unless to reduce a level of an old-age pension benefit, though public pension premium rate will increase as population aging and maturing of the pension proceed. Next, using generational accounting method, we calculate net benefit (benefit minus contribution) of an old-age pension by cohort considering the reform a proposal to revise the Welfare Pension Law. As a result of this calculation, we conclud that a net benefit of younger cohort will be minus and enlarge the degree as cohort goes on younger. Therefore, the revised law cannot get rid of generational inequity of public pension existing in the present system. In final section, a concept and an aim of pension system as social insurance are reconfirmed, a financial system such as PAYG or Japanese modified fund system are surveyed, and a stabilized pension management considering privatization reform are discussed.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
1999
発行年月 [Issued Year / Month]
1999/05
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

加藤 久和

経済社会研究所

キーワード [Keywords]
和文 英文
長期経済展望 Long-Term Economic Outlook
高齢化社会 Aging Society
産業空洞化 Hollowing-Out of Industry
グローバル化 Globalization
長期経済予測システム Long-Term Economic Forecasting System
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.