財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y99004
タイトル
間接負荷制御試験における価格効果の持続性の分析
[Title]
Measuring Persistence of Peak Clipping Effect of Indirect Load Control Experiments
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)からの委託により九州電力が実施した間接負荷制御試験に参加した平成9・10年夏季における間接負荷制御グループおよびロードサーベイ・グループのデータを用いて時間帯別のCES型電力需要関数を推定し、ピーク電力の削減に応じて支払われる協力金がピークとオフピークの需要比率に及ぼす影響を計測した。その結果、平成8年のデータを用いた分析と同様に、協力金は9年度および10年度の試験においてもピーク需要の比率を有意に引き下げる効果を持つことが明らかになり、価格効果の頑健性が示された。
[Abstract]
We examine the time-of-day(TOD) pricing experiment conducted by Kyushu Electric Power Company, wherein the TOD treatment households had a continuous-display, electricity use monitoring device. The experiment involved approximately 400 residences for indirect load control program with monitors and the same population for load survey without information provided(as a control group). Rate differentials - 2:1 and 4:1 for 1996 experiment and 4:1 for 1997 and 1998 experiment - were used. We investigated price effects with the explicit modeling of DSM incentive payment. The estimation of DSM effects of experiments in 1997 and 1998 results based on an econometric model indicate that households have shifted usage from peak to off-peak period in response to high prices of electricity during the peak period(price ratio of on-peak to off-peak period is four). Our estimated price effects demonstrate that peak period load reduction induced by DSM incentives is stable during 1996 to 1998 experiments. Estimated peak load reduction in summer (July to September) is significant and approximately 4 to 5 % of average peak load of the control group(load survey group).
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
1999
発行年月 [Issued Year / Month]
1999/06
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

浅野 浩志

経済社会研究所

キーワード [Keywords]
和文 英文
デマンドサイド・マネジメント Demand-side management
家庭用電力需要 Household demand for electricity
ピーク抑制協力金 DSM incentive
需要関数 Demand function
持続性 Persistence
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.