財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y99005
タイトル
電力流通部門におけるDSMプログラムの効果分析手法
[Title]
A Survey of Cost-effectiveness of DSM Programs in Integrated Distribution Planning
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
デマンドサイド・マネジメント(DSM)の経済的便益として発電設備の繰り延べ効果や燃料費削減など主に発電部門の回避可能原価のみならず流通部門の回避可能原価もより正確に把握して、DSMと設備計画の統合を図る必要がある。本研究では、配電変電設備を中心とする電力流通部門におけるDSMの便益を評価する手法を調査し、その特徴とわが国の電力システムに適用する際の課題を明らかにする。流通設備投資を評価対象とする場合,限界費用は地点・時間帯によって異なることを的確に捉える必要がある。米国では限界費用の推定手法として,DSM投資により需要成長が抑制され、設備拡張が繰り延べされることの価値を現在価値換算する手法が用いられている。米国で開発された手法は主に省エネルギー型DSMを対象としており、わが国ではピークシフト等特定時間帯の需要誘導を図るロードマネジメント型DSMを対象とした評価手法を開発する必要がある。
[Abstract]
Demand-side management(DSM) has been proven to be significant benefits to the utilities and customers. Historically in Japan, most DSM programs realized benefits only at the generation level. This research projects focuses on the DSM programs for small customers and the power delivery system. Methodologies to evaluate the technical and economic effectiveness of a number of DSM options as well as the traditional distribution options in the context of local integrated resource planning(IRP) are surveyed. The objective of the research was how to integrate DSM options into distribution systems planning. Marginal costs of electricity service is essential for optimal resource planning. Recent local IRP studies developed a methodology to estimate area and time specific avoided costs as a benefits of DSM options and show how a utility develops a least-cost distribution plan that considers DSM to defer capacity expansion necessary for serving growing demand. However, these preceded studies have some essential drawbacks. We propose a modified local IRP model framework that is good for Japanese electricity industry, combined with DSM screening process using spatial frequency analysis(SFA). This proposed local IRP model can be utilized to evaluate promising DSM programs applied to Japanese utilities.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
1999
発行年月 [Issued Year / Month]
1999/06
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

浅野 浩志

経済社会研究所

今中 健雄

経済社会研究所

キーワード [Keywords]
和文 英文
デマンドサイド・マネジメント Demand-side management
配電計画 Distribution system planning
限界費用 Marginal cost
費用便益分析 Cost benefit analysis
ローカル統合資源計画 Local integrated resource planning
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.