財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y99013
タイトル
マルムキスト指標を用いた日米電気事業の部門別効率性比較 -DEA手法による計測-
[Title]
Comparison of Intertemporal Technical Efficiency by Sector among Japanese and US Electric Utilities- the Application of Malmquist Index calculated by DEA -
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
電気事業の効率性は、部門ごとに異なっており、経営全体の効率性についてより詳細に把握するためには、部門別の効率性の計測が重要である。以前行った効率性の日米比較では経営全体を計測対象としており、部門別の効率性の計測は行っていなかった。そこで本稿では、日米電気事業者を発電部門、流通部門、一般管理部門に分けて、部門ごとに効率性フロンティア、及び経年的な技術効率性の日米比較を行った。その結果、フロンティアについては、日本のものがほとんど推移しなかったのに対し、米国のフロンティアは大きく推移していた。また、経年的な技術効率性については、米国の流通部門、一般管理部門において、計測期間中大きな伸びが計測されている。技術効率性の水準自体は、発電部門では日本の事業者が優位であり、流通部門はほぼ同水準、一般管理部門では米国の事業者が優位であった。一般管理部門のシェアを考えると、部門別で計測しても、日本の電気事業者の技術効率性が米国よりも勝っているという先行研究の結果と整合的といえる。また、計測結果は、米国における労働人員の減少に影響を受けており、米国の規制緩和との関連が推察される。
[Abstract]
Under the deregulation, Japanese electric utilities are required to improve their management efficiency more than before. For that purpose, it becomes more important how to measure the efficiency to identify factors for the improvement. Especially, it is necessary to measure efficiency by sector in order to build the detailed management efficiency improvement plan. This paper measures utilities’ intertemporal technical efficiency for generation, network and administration sectors respectively, and compares it between Japanese and US electric utilities for each sector, using 9 Japanese utilities and 23 US utilities data set from 1990 to 1997.In this paper, Data Envelopment Analysis (DEA) is applied in order to calculate Malmquist Index which implies improvement of intertemporal technical efficiency, and to show the relative position of Japanese, US and common efficiency frontiers and their intertemporal shifts. The results of calculation showed :1) the averages of Malmquist Index and efficiency frontier don’t improve much in all sectors in Japan, while averages of US Malmquist Index improve significantly in network and administration sector, and US frontiers progress in all sectors more than Japanese frontiers.2) the average efficiency level of Japanese utilities are higher than US one in generation sector, and the result in administration sector is adverse. In network sector, both countries’ averages are at almost the same level.3) considering the share of administration sector, these result can support the result of previous study which showed higher efficiency of Japanese utilities than US ones on the whole company base (not divided into sectors). 4) progress of US utilities’ efficiency is caused mainly by the reduction of employees in US utilities during period. It is considered to be influenced by deregulation of US electric power industry.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
1999
発行年月 [Issued Year / Month]
2000/04
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

筒井 美樹

経済社会研究所

キーワード [Keywords]
和文 英文
効率性分析 Efficiency Analysis
マルムキスト指標 Malmquist Index
日米比較 International Comparison
電気事業 Electric Utilities
データ包絡分析法 Data Envelopment Analysis
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.