財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y99014
タイトル
確率的フロンティア分析による日米電気事業の生産性比較 -汽力発電所と送配電部門を対象として-
[Title]
Relative Performance of US and Japanese Electric Utilities-An Application of Stochastic Frontier Analysis-
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
わが国の電気事業の生産性や効率性に対する関心は高いものの、その国際比較を詳細に行った研究はまだ少ない。そこで本研究では、日本と米国の私営垂直統合型電力会社の1990年から1997年までのデータを利用して、汽力発電所と送配電部門における生産性を確率的フロンティア分析と呼ばれる手法を用いて比較分析を行った。その結果、汽力発電所においても送配電部門においても、日本の電力会社が経営形態の比較的近い米国の電力会社と比べて非効率が大きいとはいえず、高い効率性を維持してきた可能性が示唆される。ただし、送配電部門においては日本の電力会社の毎年の技術進歩率は米国を下回っており、効率性を改善する余地も出てきている。汽力発電所の効率性の格差はほぼ一定で、技術進歩率は両国とも小さく、大きな差がなかった。
[Abstract]
Although the electricity industry in Japan has been an object of efficiency and productivity analysis for a long time, only few attempts have so far been made at international comparison. This paper estimates and compares productive efficiency of U.S. and Japanese electric utilities during 1990-1997 using a stochastic frontier approach. Our focus is on steam power production and network services (transmission and distribution) of major vertically integrated, investor-owned utilities. We employ a translog production function to represent the technology of steam power production and a translog labor requirement function for the technology of network services. For the network services, we have several alternative models with respect to outputs and inputs other than labor. Applying the stochastic frontier analysis to panel data, we examine the temporal pattern of relative (technical) efficiency and technical change. For steam power production, we also estimate Malmquist productivity index. Empirical results from various specifications of the stochastic frontier (one of which allows mean inefficiency to vary between the two countries) show that Japanese electric utilities are relatively more efficient in both steam power production and network services. The differences in relative efficiency in steam power production between the two countries are about the same during the sample period, while the inefficiency of Japanese utilities in network services has been increasing since 1995. The technical progress in steam power production for the sample period is very small in both countries, if any. The rate of technical progress in network services is higher for US electric utilities than for Japanese utilities.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
1999
発行年月 [Issued Year / Month]
2000/04
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

服部 徹

経済社会研究所

キーワード [Keywords]
和文 英文
生産性 Productivity
技術変化 Technical Change
技術効率性 Technical Efficiency
確率的フロンティア分析 Stochastic Frontier Analysis
電気事業者 Electric Utilities
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.