電力中央研究所
電力中央研究所 ホームページ
電力技術研究所 ホームページ

塩原実験場について
主な実験設備へ所在地へ
  より経済的な配送電線を開発するために

当実験場は、昭和36年に500kV級交流送電線の設計に必要なデータを得るために開設されました。以来、実際に近い試験送電線を使って、電線からのコロナ放電に伴う各種の障害などの解明、電線に当たる風で生じる機械的な力の測定、送電線下の静電誘導の測定、また、世界最大級の10MV衝撃電圧発生装置を使った雷から電力設備を守る研究などを精力的に行いました。

昭和45年には、500kV直流送電の技術開発を目的として試験送電線とその電源部を直流用に改造し、直流送電線のコロナ放電現象の研究を開始しました。この間、雷から電力設備を守る研究も引き続き行ってきました。



塩原実験場の構成

昭和57年からは、大電力を効率よく遠くに送ることのできるUHV(Ultra High Voltage)送電線の設計データを得るため、交流送電用に12MV衝撃電圧発生装置を、また直流送電用に送電線と電源設備を新設して研究を開始しました。この結果は、UHV送電線の設計に反映されています。

現在、雷の被害から配電線や送電線を守る研究、送電線を小型化する研究、送電線の電気環境に関する研究などを進めています。


ページトップへ

主な実験設備
絶縁試験関係設備

1. 12MVインパルス電圧発生装置
発生電圧 雷インパルス:
12MV(開閉インパルス:2.6MV)
発生波形 1.2/50μs(1/7ms)
エネルギー 1.8MJ

2. 7.5MVインパルス電圧発生装置

発生電圧 7.5MV
発生波形 1.2/50μs
エネルギー 0.51MJ

3. 模擬配電線

電圧 6kV
全長 430m(1〜11号柱)
高さ 13m

4. その他

波頭調整用コンデンサ、試験用鉄塔など
衝撃電圧発生装置

試験送電線関係整備

1. 試験用変圧器(3台)
1次電圧 6.6kV
2次電圧 350kV
最高発生電圧 1,050kV (3台縦続持続時)
容量 1,500kVA

2. 直流電圧発生装置

出力電圧 ±360〜800kV
出力電流 連続1A

3. 試験送電線

長さ 750m
回線数 2回線
直流用送電線
可変範囲
地上高 下線 15〜29m
上線 26〜48m
水平距離 下線 12〜30m
上線 14〜30m
試験送電線とイオン流帯電現象の測定装置
コロナケージ(導体コロナ試験設備)
 
ケージの大きさ 8m×8m×24m
試験可能電線 単導体〜12導体
印加可能電圧 最大700kV(線路電圧1,200kV相当)

コロナケージ
塩原実験場の構成
 
塩原実験場の構成

ページトップへ