社会経済研究所

ディスカッションペーパー

小・中学校における節電授業の取り組み
授業体験を通じて学んだ効果的な授業実施のポイント

  • 若林 雅代,星野 優子,山口 順之
  • SERC Discussion Paper 11018
  • Date:2011.7.19
   

要約

 

 2011 年夏の電力需要の抑制(節電)が社会的な関心事となっている中で,対策が困難とされる家庭の節電活動を促進するための施策の1 つとして「節電教育」を取り上げる.節電教育の必要性にもかかわらず,多くの学校では実施内容が不十分なために期待される効果が得られない可能性が高い教育現場の実情と,その理由を分析し,それらを踏まえて節電教育が広く学校の現場で受け入れられるための方策を検討した.また,我々が実際に節電授業を行う中で得られた知見に基づき,節電授業を受けた子ども達が,高い節電意識を持って日常生活の中でできる節電活動を考え直すと同時に,家族への働きかけを通じて家庭の節電行動促進につながるための,授業の要件についても検討した.

本文ダウンロード: 本文

免責事項

「社会経済研究所 ディスカッションペーパー」の記載において、意見にかかる部分は筆者のものであり、電力中央研究所又はその他機関の見解を示すものではありません。

Get ADOBE READER
PDFファイルを読むためにはAdobe(R) Acrobat(R) Reader(R)のインストールが必要です。
[an error occurred while processing this directive]
Copyright (C) Central Research Institute of Electric Power Industry